利用約款


제1장 총칙

제1조 목적

이 약관은 주식회사 비티씨코리아닷컴 (이하; 회사) 이 제공하는 빗썸 및 빗썸 관련 제반 서비스 (이하: 서비스)의 이용조건 및 절차에 관한 회사와 회원간의 권리 의무 및 책임사항, 기타 필요한 사항을 규정함을 목적으로 합니다.

제2조 (약관의 명시, 설명과 개정)

  1. 이 약관의 내용은 회사의 서비스 회원가입 관련 사이트에 게시하거나 기타의 방법으로 사용자에게 공지 하고, 이용자가 회원으로 가입하면서 이 약관에 동의함으로써 효력을 발생합니다.
  2. 회사는 "약관의 규제에 관한 법률", "정보통신망이용촉진 및 정보보호 등에 관한 법률", 등 관련법을 위배하지 않는 범위에서 이 약관을 개정할 수 있습니다.
  3. 회사가 약관을 개정할 경우에는 적용일자 및 개정 사유를 명시하여 현행약관과 함께 회사 사이트의 초기화면이나 팝업화면 또는 공지사항란에 그 적용일자 7일 이전부터 적용일자 전일까지 공지합니다.
  4. 회사가 전항에 따라 개정약관을 공지 통지하면서 회원에게 7일간의 기간 내에 의사 표시를 하지 않으면 의사표시가 표명된 것으로 본다는 뜻을 명확하게 고지 또는 통지하였음에도 회원이 명시적으로 거부의 의사표시를 하지 아니한 경우 회원이 개정약관에 동의한 것으로 봅니다.
  5. 회원이 개정약관의 적용에 동의하지 않는다는 명시적의사를 표명한 경우 회사는 개정 약관의 내용을 적용할 수 없으며, 이 경우 회원은 이용계약을 해지할 수 있습니다. 다만, 기존 약관을 적용할 수 없는 특별한 사정이 있는 경우에는 회사는 이용계약을 해지할 수 있습니다.

제3조 (약관 외 준칙)

이 약관에서 정하지 아니한 사항과 이 약관의 해석에 관하여는 전자상거래 등에서의 소비자보호에 관한 법률, 약관의 규제 등에 관한 법률, 공정거래위원회가 제정한 전자상거래 등에서의 소비자보호지침 및 관련 법령의 규정과 일반 상관례에 의합니다. 단 회사가 제공하는 서비스를 통하여 회원 상호간에 이루어진 거래에 대해서는 방문 판매 등에 관한 법률, 전자거래기본법, 소비자 보호법 등 관련 법령이 우선적으로 적용되고 회원은 이 약관의 규정을 들어 거래 상대방에 대하여 면책을 주장할 수 없습니다.

제4조 (용어의 정의)

  1. 이 약관에서 사용하는 용어의 정의는 다음과 같습니다.
    • 회원: 이 약관을 승인하고 회원가입을 하여 회사와 서비스이용계약을 체결한 자를 말합니다.
    • 아이디(ID): 회원의 식별과 서비스 이용을 위하여 회원이 회사가 승인한 문자와 숫자의 조합대로 설정한 것을 말합니다.
    • 회원이 회사의 서비스를 이용하게 하기 위하여 회사가 제공하는 빗썸의 웹사이트를 말합니다
    • 비밀번호: 회원의 동일성 확인과 회원정보의 보호를 위하여 회원이 회사가 승인한 문자와 숫자의 조합대로 설정한 것을 말합니다.
    • 판매자: 암호화폐를 판매할 의사로 해당 암호화폐를 회사가 온라인으로 제공하는 양식에 맞추어 등록하거나 신청한 회원을 말합니다.
    • 구매자: 암호화폐를 구매할 의사로 해당 암호화폐를 회사가 온라인으로 제공하는 양식에 맞추어 등록하거나 신청한 회원을 말합니다.
    • 자율거래: 암호화폐를 전달하는 과정에서 회사의 참여 없이 판매자와 구매자가 서로 지정한 방법을 통해 거래하는 것을 말합니다.
    • 컨텐츠 서비스: 핀번호로 판매되는 상품권, 지류 상품권, 선불카드 등 빗썸 KRW 또는 BTC 로 구매 가능한 상품권을 제공하는 상품권몰과 암호화폐로 충전하는 선불카드 등의 유료 서비스를 말합니다.
    • 엑스페이 서비스: 암호화폐로 온라인/오프라인에서 회원(가맹점)이 재화나 용역 및 기타 서비스의 대가로 암호화폐를 통해 지급받고자 하는 경우 해당 거래가 원활하게 처리될 수 있도록 지급결제 정보와 정산의 편이를 제공하는 서비스를 말합니다.
    • 가맹점: 엑스페이 서비스에 가입하여 이용중인 개인 또는 업체를 말합니다.

제2장 서비스 이용 신청 및 승낙 (회원가입 및 탈퇴)

제5조 (이용계약의 성립)

  1. 이용자는 회사가 정한 가입 양식에 따라 회원정보를 기입한 후 이 약관에 동의한다는 의사표시를 함으로서 회원가입을 신청합니다.
  2. 회원가입은 회사의 승낙이 회원에게 도달한 시점으로 합니다.
  3. 이용 계약은 회원ID 단위로 체결합니다. 이용계약이 성립되면, 이용신청자는 회원으로 등록됩니다.
  4. 실명이 아니거나 타인의 이름, 전화번호 등의 개인정보를 도용하여 허위 가입한 회원은 법적인 보호를 받을 수 없으며, 이에 따른 민사, 형사상의 모든 책임은 가입한 회원이 져야 합니다.
  5. 만 19세 미만은 주식회사 비티씨코리아에서 제공하는 암호화폐 거래 관련 서비스 이용이 제한 될 수 있습니다.
  6. 제1항에 따른 신청에 있어 회사는 필요 시 관계법령에 의하여 이용자의 종류에 따라 전문기관을 통한 실명확인 및 본인인증을 요청할 수 있습니다. 만일, 이러한 회사의 제공 요청을 거부하여 이용자 본인임이 확인되지 않아 발생하게 되는 불이익에 대하여 회사는 책임을 지지 않습니다.

제6조 (이용신청)

  1. 이용신청은 온라인으로 회사 소정의 가입신청 양식에서 요구하는 사항을 기록하여 신청합니다.
  2. 온라인 가입신청 양식에 기재하는 모든 회원 정보는 실제 데이터인 것으로 간주하며 실명이나 실제 정보를 입력하지 않은 사용자는 법적인 보호를 받을 수 없으며, 서비스 사용의 제한을 받을 수 있습니다.
  3. 사실과 다른 정보, 거짓 정보를 기입하거나 추후 그러한 정보임이 밝혀질 경우 회사는 서비스 이용을 일시 정지하거나 영구정지 및 이용 계약을 해지할 수 있습니다. 이로 인하여 회사 또는 제3자에게 발생한 손해는 해당 회원이 모든 책임을 집니다.
  4. 회사는 회원에게 회사의 관련서비스에 대한 다양하고 유익한 정보를 E-mail, 서신우편, 전화 등을 통하여 제공할 수 있습니다.

제7조 (회원정보 사용에 대한 동의 및 이용신청의 승낙)

  1. 회원정보 사용에 대한 동의
    • 회사는 회원의 개인정보를 본 이용계약의 이행과 본 이용계약상의 서비스제공을 위한 목적으로 이용합니다.
    • 회원이 회사 및 회사와 제휴한 서비스들을 편리하게 이용할 수 있도록하기 위해 회원 정보는 회사와 제휴한 업체에 제공될 수 있습니다. 단, 회사는 회원 정보 제공 이전에 제휴 업체, 제공 목적, 제공할 회원 정보의 내용 등을 사전에 공지하고 회원의 동의를 얻어야 합니다.
    • 회사는 회원의 명시적인 수신거부의사에 반하여 제휴한 서비스의 광고성 정보를 전송하지 않습니다. 단, 회사는 제휴서비스의 이용편의를 위하여 이용안내 및 상품정보 등의 SMS 및 SMS URL을 전송할 수 있으며 회원은 원치 않을 경우 회원가입탈퇴를 통해 정보수신거부를 할 수 있습니다.
    • 회원은 회원정보 수정을 통해 언제든지 개인 정보에 대한 열람 및 수정을 할 수 있습니다.
    • 회원이 이용신청서에 회원정보를 기재하고, 회사에 본 약관에 따라 이용신청을 하는 것은 회사가 본 약관에 따라 이용신청서에 기재된 회원정보를 수집, 이용 및 제공하는 것에 동의하는 것으로 간주됩니다.
  2. 이용신청의 승낙
    • 회사는 회원이 회사 소정의 가입신청 양식에서 요구하는 모든 사항을 정확히 기재하여 이용신청을 한 경우 회원가입을 승낙할 수 있습니다. 단, 제2호, 제3호의 경우는 회사는 승낙을 유보하거나 승낙을 거절할 수 있습니다.
    • 회사는 다음 각 호에 해당하는 이용신청에 대하여는 승낙을 유보할 수 있습니다.
      • 가) 설비에 여유가 없는 경우
      • 나) 기술상 지장이 있는 경우
      • 다) 기타 회사의 사정상 이용승낙이 곤란한 경우
    • 회사는 다음 각 호에 해당하는 이용신청에 대하여는 이를 승낙하지 아니 할 수 있습니다.
      • 가) 이름이 실명이 아닌 경우
      • 나) 다른 사람의 명의를 사용하여 신청한 경우
      • 다) 이용 신청시 필요내용을 허위로 기재하여 신청한 경우
      • 라) 사회의 안녕질서 또는 미풍양속을 저해할 목적으로 신청한 경우
      • 회사가 정한 이용신청요건에 미비한 부분이 있었을 때

제8조 (이용계약이 중지 및 해지)

  1. 이용계약은 회원 또는 회사의 해지에 의해 종료됩니다. 회원의 해지에 의한 이용 계약의 종료와 관련하여 발생한 손해는 이용계약이 종료된 해당 회원이 책임을 부담하여야 하고, 회사는 일체의 책임을 지지 습니다.
    • 회원이 이용계약을 해지하고자 할때에는 회원 본인이 온라인을 통해 회사에 해지 신청을 하여야 합니다.
    • 회사는 회원이 다음 각 호의 하나에 해당하는 행위를 하였을 경우 시간을 정하여 서비스 이용을 또는 제한하거나 이용계약을 해지할 수 있습니다.
      • (가) 다음 각 호와 같은 위반행위가 있는 경우
        • - 타인의 서비스 ID 및 비밀번호를 도용한 경우
        • - 서비스 운영을 고의로 방해한 경우
        • - 가입한 이름이 실명이 아닌 경우
        • - 공공질서 및 미풍양속에 저해되는 내용을 고의로 유포시킨 경우
        • - 회원이 국익 또는 사회적 공익을 저해할 목적으로 서비스 이용을 계획 또는 실행하는 경우
        • - 타인의 명예를 손상시키거나 불이익을 주는 행위를 한 경우
        • - 서비스의 안정적 운영을 방해할 목적으로 다량의 정보를 전송하거나 광고성 정보를 전송하는 경우
        • - 정보통신설비의 오작동이나 정보 등의 파괴를 유발시키는 컴퓨터 바이러스 프로그램 등을 유포하는 경우
        • - 타인의 개인정보, 이용자ID 및 비밀번호로 부정하게 사용하는 경우
        • - 회사의 서비스 정보를 이용하여 얻은 정보를 회사의 사전 승낙없이 복제 또는 유통시키거나 상업적으로 이용하는 경우
        • - 같은 사용자가 다른 ID로 이중등록을 한 경우
        • - 회사, 다른 회원 또는 제3자의 지적재산권을 침해하는 경우
        • - 방송통신심의위원회 등 외부기관의 시정요구가 있거나 불법선거운동과 관련하여 선거관리위원회의 유권해석을 받은 경우
        • - 본 약관을 포함하여 기타 회사가 정한 이용조건에 위반한 경우
        • - 장기간 휴면 가입자에 대하여 통지할 경우 그 통지 기간 내에도 서비스이용에 대한 의사표현을 하지 않은 경우
        • - 회원이 매매부적합상품을 판매등록하거나, 기타 공공질서 및 미풍양속에 위배되는 상품거래행위를 하거나 시도한 경우
        • - 구매의사가 없이 회원의 물품을 판매 신청한 후 구매거부하는 경우 또는 회원이 실제로 물품을 판매하고자 하는 의사 없이 물품등록을 한 경우
        • - 이용자에 대한 개인정보를 그 동의 없이, 수집, 저장, 공개하는 경우
        • - 회사의 서비스 정보를 통하여 얻은 정보로 직거래를 유도하는 경우
        • - 기타 회사의 서비스개선을 위한 회사 정책상 불가피할 경우
      • (나) 다음 각 호의 경우
        • - 운영자 또는 관리자가 이용에 부적합하다고 판단하는 경우
        • - 범죄와 결부된다고 객관적으로 판단하는 행위
        • - 기타 관계 법령에 위배되는 행위
  2. 서비스 이용 중지 또는 제한 절차
    • 회사는 이용제한을 하고자 하는 경우에는 그 사유, 일시 및 기간을 정하여 서면 또는 전화, 홈페이지의 메시지 기능 등의 방법을 이용하여 해당 회원 또는 대리인에게 통지합니다.
    • 다만, 회사가 긴급하게 이용을 중지해야 할 필요가 있다고 인정하는 경우에는 전항의 과정 없이 서비스 이용을 제한할 수 있습니다.
    • 서비스 이용중지를 통지 받은 회원 또는 그 대리인은 이용중지에 대하여 이의가 있을 경우 이의 신청을 할 수 있습니다.
    • 회사는 이용중지 기간 중에 그 이용중지 사유가 해소된 것이 확인된 경우에 한하여 이용중지 조치를 즉시 해제합니다.
  3. 이용계약 해지
    • 회사가 서비스 이용을 중지 또는 제한 시킨 후 동일한 행위가 2회 이상 반복되거나 30일 이내에 그 사유가 시정되지 아니하는 경우, 또는 1. ② (가)의 위반 행위가 있는 경우, 회사는 이용계약을 해지할 수 있습니다.
    • 회사가 이용계약을 해지하는 경우에는 회원등록을 말소합니다. 회사는 이 경우 회원에게 이를 통지하고, 회원등록 말소 전에 소명할 기회를 부여합니다.

제9조 (회원정보의 변경)

  1. 회원은 개인정보수정화면을 통하여 언제든지 본인의 개인정보를 열람하고 수정할 수 있습니다. 다만, 서비스 관리를 위해 필요한 실명, 생년월일, 성별, 아이디 등은 수정이 불가능합니다.
  2. 회원은 회원가입 신청시 기재한 사항이 변경되었을 경우 온라인으로 수정을 하거나 전자우편 기타 방법으로 회사에 대하여 그 변경사항을 알려야 합니다.
  3. 3. 제2항의 변경사항을 회사에 알리지 않아 발생한 불이익에 대하여 회사는 책임지지 않습니다.

제3장 회원의 의무

제10조 (회원 아이디와 비밀번호 관리에 대한 회원의 의무)

  1. 아이디와 비밀번호에 관한 모든 관리 책임은 회원에게 있습니다. 회원에게 부여된 아이디와 비밀번호의 관리소홀, 부정사용에 의하여 발생하는 모든 결과에 대한 책임은 회원에게 있습니다.
  2. 회원은 자신의 아이디가 부정하게 사용된 사실을 알게 될 경우 반드시 회사에 그 사실을 통지하고 회사의 안내에 따라야 합니다.
  3. 제2항의 경우에 해당 회원이 회사에 그 사실을 통지하지 않거나, 통지한 경우에도 회사의 안내에 따르지 않아 발생한 불이익에 대하여 회사는 책임지지 않습니다.

제11조 (정보의 제공)

회사는 회원이 서비스 이용 중 필요가 있다고 인정되는 다음과 같은 서비스 정보에 대해서 전자우편이나 서신우편 등의 방법으로 회원에게 제공할 수 있으며 회원은 원치 않을 경우 가입신청메뉴와 회원정보수정 메뉴에서 정보수신거부를 할 수 있습니다.

  1. 가상화페 거래 관련 서비스
  2. 이벤트 및 행사관련 등의 서비스
  3. 기타 회사가 수시로 결정하여 회원에게 제공하는 서비스

제4장 서비스 이용 총칙

제12조 (서비스의 종류)

  1. 회사에서 제공하는 서비스에는 암호화폐 거래 (판매관련, 구매관련, 거래API제공, 시세 정보검색 관련 서비스) 서비스, 컨텐츠 서비스(상품권몰, 선불카드), 엑스페이 등이 있습니다.
  2. 회사가 제공하는 서비스의 종류는 회사의 사정에 의하여 수시로 변경될 수 있으며, 제공되는 서비스에 대한 저작권 및 지적재산권은 “회사”에 귀속됩니다.
  3. 회사는 서비스와 관련하여 회원에게 회사가 정한 이용조건에 따라 계정, 아이디, 서비스, 포인트 등을 이용할 수 있는 이용권한만을 부여하며, 회원은 이를 활용한 유사 서비스 제공 및 상업적 활동을 할 수 없습니다.

제13조 (서비스 내용의 공지 및 변경)

  1. 회사는 서비스의 종류에 따라 각 서비스의 특성, 절차 및 방법에 대한 사항을 서비스 화면을 통하여 공지하며, 회원은 회사가 공지한 각 서비스에 관한 사항을 이해하고 서비스를 이용해야 합니다.
  2. 회사는 서비스 내용이 변경되는 경우, 적어도 변경 7일 이전에 공지하여야 하며, 회원이 공지 내용을 조회하지 않아 입은 손해에 대하여는 책임지지 않습니다.

제14조 (서비스의 유지 및 중지)

  1. 서비스의 이용은 회사의 업무상 또는 기술상 특별한 지장이 없는 한 연중무휴 1일 24시간을 원칙으로 합니다. 다만 정기 점검 등의 필요로 회사가 정한 날이나 시간은 그러하지 않습니다.
  2. 회사는 서비스를 일정범위로 분할하여 각 범위 별로 이용가능 시간을 별도로 정할 수 있습니다. 이 경우 그 내용을 사전에 공지합니다.
  3. 회사는 다음 각 호에 해당하는 경우 서비스 제공을 중지할 수 있습니다.
    • 서비스용 설비의 보수 등 공사로 인한 부득이한 경우
    • 전기통신사업법에 규정된 기간통신사업자가 전기통신 서비스를 중지했을 경우
    • 회사가 직접 제공하는 서비스가 아닌 제휴업체 등의 제3자를 이용하여 제공하는 서비스의 경우 제휴 업체등의 제3자가 서비스를 중지했을 경우
    • 기타 불가항력적 사유가 있는 경우
  4. 회사는 국가비상사태, 정전, 서비스 설비의 장애 또는 서비스 이용의 폭주 등으로 정상적인 서비스 이용에 지장이 있는 때에는 서비스의 전부 또는 일부를 제한하거나 정지할 수 있습니다.
  5. 회사는 새로운 서비스로 교체 또는 기타 회사가 서비스를 제공할 수 없는 사유 발생 시 제공되는 서비스를 중단할 수 있습니다.

제15조 (회원의 결제 이용 제한)

  1. 회사는 다음 각호에 해당하는 경우 회원의 결제 이용을 제한할 수 있습니다.
    • 결제 이용금액이 과도한 경우
    • 판매자와 구매자가 동일인으로 판단되는 경우
    • 결제서비스 제공사 및 발행사의 요청이 있는 경우
    • 기타 회사의 운영정책상 결제 이용을 제한해야 하는 경우
  2. 위의 경우에 해당하는 경우 회사는 해당 내용을 회원에게 홈페이지의 메시지등의 방법을 통해 알립니다.
  3. 정지사유가 중복발생 시에는 모든 정지해지조건을 갖추었을 경우에 한해 해제 처리할 수 있습니다.

제16조 (회원의 입금 및 출금 이용제한)

  1. 회사는 다음 각 호에 해당하는 경우 회원의 입금 및 출금 이용을 제한하거나 지연하여 승인할 수 있습니다.
    • 가입 회원명과 입금자명이 다르게 입금되었을 경우
    • 회원가입 후 첫 출금액이 과도한 경우
    • 기타 회사의 운영정책상 입금 및 출금 이용을 제한하거나 지연해야 하는 경우
    • 회사가 정한 서비스 이용권한의 범위를 벗어난 경우
  2. 위의 경우에 해당하는 경우 회사는 해당 내용을 회원에게 홈페이지의 메시지 등의 방법을 통해 알립니다.
  3. 이용제한 및 지연 사유가 중복 발생시에는 관리자 또는 운영자가 요구하는 해제조건을 갖추었을 경우에 한해 해제 처리할 수 있습니다.

제5장 암호화폐 거래관련 서비스 이용

제17조 (암호화폐 판매등록/구매등록 등)

  1. 회사가 제공하는 서비스를 통하여 암호화폐를 판매 또는 구매하고자 하는 회원은 회사가 제공하는 등록 양식에 따라 거래를 등록하여야 합니다.
  2. 부가서비스의 이용
    • 암호화폐를 판매하고자 하는 회원은 거래등록 시 보다 효과적인 판매를 위하여 회사가 제공하는 부가 서비스를 신청할 수 있습니다. 부가서비스의 구체적인 내용에 대해서는 회사가 따로 정하는 바에 의합니다.
    • 암호화폐의 판매/구매와 관련되어 빗썸이 회원에게 제공하는 모든 서비스는 각 회원 개인의 편의 증진을 위한 이용권한만을 부여하며, 서비스 이용권한의 범위를 벗어나는 모든 유사 서비스 제공 및 상업적 활용은 금지됩니다.
  3. 암호화폐등록정보의 수정
    • ① 등록된 암호화폐정보를 추가하는 등의 수정은 거래진행 후에는 변경할 수 없습니다.
    • ② 암호화폐 등록시 신청한 부가서비스의 취소는 불가능하며 추가만이 가능합니다.
    • ③ 구매자가 선택되어 있는 경우 삭제는 불가능합니다.
  4. 수수료 외 수입
    • 회사 서비스를 이용하는 과정에서 회사가 취득하게 되는 이자 수입은 회사가 암호화폐대금 결제를 위한 서비스를 제공하는 대가로서의 성질을 가지며, 회원은 이에 대한 반환을 청구할 수 없습니다.

제18조 (거래 서비스 이용제한)

구분 정지사유 해제조건 정지효력
서비스 제한
로그인 외 서비스 이용 불가
- 명의 (연락처) 미확인
- 해킹/사기 사고 발생
- 사고회원 관련자 (연락처 및 개인정보 일치)
- 결제보안 연속 오류
- 탈퇴 신청
- 기타: 관리자 판단 (정상적인 서비스 진행에 심각한 장애 유발 시)
- 정지 사유 해결
- 관리자 판단
로그인 이외의
거래, 충전, 출금 불가
로그인 제한 - 비밀번호 연속 오류
- 해킹/사기 사고 발생
- 명의 도용으로 의심되는 경우
- 기타: 관리자 판단
- API를 활용한 유사 서비스 제공 및 상업적 활용이 의심되는 경우
- 정지 사유 해결
- 관리자 판단
로그인 불가
일부 서비스 제한
(구매, 판매, 입출금 제한)
관리자 판단에 따라 구매/판매/입출금 등 특정 서비스 외 이용은 문제 없다고 판단될 경우 부분 제한으로 처리할 수 있음.
- 정지 사유 해결
- 관리자 판단
특정 서비스 이용불가

제19조 (암호화폐 보관에 관한 내용)

  1. 회사는 6개월 이상 접속이 없는 회원을 대상으로 보유하고 있는 암호화폐 또는 출금하지 않은 암호화폐를 예기치 않은 사고로부터 보다 안전하게 보관하기 위하여 당시 시세로 현금화 하여 보관할 수 있습니다.
  2. 회사는 6개월 이상 미 접속한 회원이 보유하고 있던 가상 화폐의 반환 요구 시 보관하고 있는 상태로 반환하여 줍니다.

제6장 서비스 이용 수수료

제20조 (암호화폐 거래 관련 서비스 수수료의 내용)

  1. 회사는 구매자/판매자에게 인터넷을 통한 서비스를 제공하는 대가로 수수료를 부과합니다. 수수료는 회사의 홈페이지 이용방법에 명시되어 있으며, 회사 및 시장의 상황에 따라 변경될 수 있습니다.
  2. 회사는 새로운 서비스로 교체 또는 기타 회사가 서비스를 제공할 수 없는 사유 발생 시 제공되는 서비스를 중단할 수 있습니다.

제7장 컨텐츠 서비스 이용

제21조 (상품권몰 서비스 이용)

  1. 회사가 핀번호를 이용한 온라인/오프라인 상품권과 선불카드, 모바일 상품권 및 지류 상품권 등 유료 상품을 회원에게 판매하는 서비스이며 아래와 같은 품목을 취급합니다.
    • 온라인/오프라인 상품권
    • 모바일 서비스(충전요금제, 문자쿠폰 등)
    • 디지털 컨텐츠(웹하드, 음악, 영화, 만화 등)
    • 기타 회사가 정하는 품목
  2. 회사는 각 상품에 대한 핀번호 또는 지류상품권을 제휴사로부터 제공받아 해당 상품을 구매한 회원에게 제공합니다.
  3. 회원은 상품권몰 서비스 이용상의 모든 문의 및 문제에 대하여 각 상품을 취급하는 제휴사를 통하여 처리 할 수 있습니다. 단, 핀번호 이상유무에 대하여는 회사에 문의하여 처리 할 수 있습니다.
  4. 회원은 KRW 또는 BTC를 사용하여 상품권, 선불카드류, 모바일 서비스의 관련 상품을 구매할 수 있습니다.
  5. BTC 결제의 경우 결제 당시의 시세에 따라 BTC 수량이 정해집니다.
  6. BTC 결제 시, 빗썸 거래소에 해당 비트코인을 시장가로 판매하여 KRW로 결제되므로, 비트코인의 시세 변동에 따라 약간의 결제 비트코인 수량의 차이가 발생할 수 있습니다.
  7. 지류 상품권의 경우, 배송기간은 배송업체의 상황에 따라 달라질 수 있습니다.
  8. 회원은 원칙적으로 상품권몰 서비스 이용에 대한 환불 및 취소를 할 수 없습니다.

제22조 (선불카드 서비스 이용)

  1. 선불카드의 발급
    • 선불카드는 이 약관에 동의한 후 선불카드 페이지에서 발급 가능합니다.
    • 선불카드의 발급 및 배송을 위해 회사가 정하는 일정 금액의 카드발급 수수료를 차감합니다.
    • 회사의 제휴사에서 발급하는 카드이므로, 제휴사 홈페이지의 가입 및 카드발급 신청이 별도로 필요합니다.
  2. 선불카드의 충전 및 이용
    • 선불카드의 충전은 비트코인으로만 가능합니다.
    • 회원이 보유하고 있는 비트코인의 수량과 충전신청 시점의 시세 기준으로 실제 카드 충전금액이 결정됩니다.
    • 회원은 다음의 각 호에 해당하는 경우 선불카드 충전 및 이용에 제한을 받을 수 있습니다.
      • 회원이 선불카드를 위변조하는 등 부정한 방법으로 사용한 경우
      • 회원이 관련 법규 및 이용 약관을 위반한 경우
      • 회사 및 제휴사의 휴업일 또는 시스템 보수작업이 있을 경우
      • 기타 천재지변 등 카드 운영시스템에 불가항력의 사유가 발생한 경우
    • 위의 사유로 회원이 선불카드를 충전 및 이용하지 못함으로써 손해를 입은 경우 회원은 손해배상 청구를 할 수 없습니다.
    • 선불카드 이용 관련 서비스는 제휴사의 이용약관에 의거합니다.
    • 선불카드 서비스는 정부정책이나 회사 및 제휴사의 사정 또는 관련법령 등에 따라 변경 또는 중단될 수 있습니다.
    • 선불카드의 분실 또는 도난 및 교환과 관련된 사항은 제휴사의 이용약관에 따릅니다.
  3. 선불카드의 환불 및 취소
    • 회원은 원칙적으로 선불카드에 충전한 금액에 대한 환불 및 취소를 할 수 없습니다.
    • 회원은 다음 각 호에 해당하는 경우 선불카드에 충전되어있는 금액의 환불을 받을 수 있습니다. 본인 명의의 은행계좌에 원화로 환불되며, 일부 이용금액이 있을 경우 선불카드에 남아있는 잔액이 환불됩니다.
      • 천재지변 등의 사유로 선불카드의 이용이 불가한 경우
      • 카드의 결함으로 인해 선불카드의 이용이 불가한 경우
  4. 선불카드의 수수료
    • 선불카드의 수수료에는 발급 / 충전 / 출금 및 송금 수수료가 있으며 수수료는 회사와 제휴사의 홈페이지 이용방법에 명시되어 있습니다.
    • 선불카드의 수수료는 회사와 제휴사 및 시장의 상황에 따라 변경될 수 있습니다.

제23조 (엑스페이 서비스 이용)

  1. 엑스페이 서비스의 이용
    • 회사는 엑스페이 제공을 위해 다음 각 호의 업무를 수행합니다.
      • 가맹점이 결제 요청 시 필요한 엑스페이 결제 URL, 페이지 및 시스템 제공
      • 결제 시 비트코인 수량 환산을 위한 엑스페이 시세 및 결제 관련 세부정보 제공
      • 정산을 위한 결제 내역 정보 조회 서비스 제공
      • 기타 엑스페이 운영과 관련하여 회사가 정하는 업무
    • 가맹점은 엑스페이를 이용함에 있어 다음 각 호의 업무를 수행합니다.
      • 엑스페이 결제와 관련된 고객 응대, 환불 및 취소 처리
      • 엑스페이의 이용약관을 숙지하고 회원에게 비트코인 결제와 관련된 주의사항에 대한 고지 의무 이행
    • 가맹점은 사회의 미풍양속을 저해하거나 법적으로 금지된 상품이나 서비스 및 허위 또는 과장된 정보를 포함한 컨텐츠 등을 판매하려는 목적으로 엑스페이를 이용해서는 안됩니다.
    • 고객이 기본적으로 0.0001 BTC이상의 전산망 수수료를 지불해야 정상적인 엑스페이 서비스가 처리가 됩니다. 고객이 0.0001 BTC미만의 전산망 수수료를 지불해 생기는 문제에 대해서는 회사가 책임을 지지 않습니다.
    • 엑스페이는 비트코인 네트워크 상황이나 시스템 보수작업 및 기타 불가항력적인 이유로 인해 정상적인 처리까지 시간 지연이 발생할 수 있으며, 회사가 이에 따른 책임을 지지 않습니다.
    • 엑스페이는 비트코인 시세에 기반한 서비스이므로, 시세의 급등 및 급락 시 서비스가 일시적으로 중단될 수 있습니다.
  2. 엑스페이 결제
    • 엑스페이 결제는 가맹점이 비트코인으로 받은 판매 대금을 실시간으로 가맹점의 엑스페이 계정에 정산합니다.
    • 가맹점은 엑스페이를 이용하여 원화 와 비트코인 중 정산방식을 선택할 수 있습니다.
      • 원화 정산 : 고객이 엑스페이를 통해 결제한 비트코인을 매도하여 가맹점에게 원화로 정산 됩니다.
      • 비트코인 정산 : 고객이 엑스페이를 통해 결제한 비트코인이 가맹점 계정에 그대로 비트코인으로 정산 됩니다.
  3. 엑스페이 결제 취소 및 환불
    • 엑스페이 결제 후 거래 취소 또는 환불 요청 시 가맹점의 책임 하에 본인 확인을 통해 고객에게 환불을 진행합니다. 단, 가맹점의 정산방식에 따라 비트코인 또는 결제 당시 시세로 환산된 원화로 환불이 가능하며 환불 방식에 대해서는 가맹점의 이용안내를 통해 확인이 가능합니다.
    • 원화 환불 고객에게 원화로 환불할 경우, 가맹점은 엑스페이 계정을 통해 고객에게 환불한 정산 금액을 돌려 받습니다.
    • 비트코인 환불 고객에게 비트코인으로 환불할 경우, 가맹점은 고객이 요청하는 비트코인 주소에 환불하는 것을 원칙으로 합니다. 이때 전산망 수수료는 가맹점이 부담합니다.
    • 원화정산을 선택한 가맹점에서 고객이 엑스페이 결제 대기시간 10분을 초과하여 입금하는 경우, 시세 변동에 따라 결제 비트코인 수량이 변경될 수 있습니다.
    • 시세 변동 또는 요청된 비트코인 수량보다 적은 입금으로 인하여 추가 입금이 필요한 경우, 회사는 가맹점을 통해 고객에게 부족한 비트코인 수량을 요구할 수 있으며, 초과 입금된 경우에는 고객은 가맹점을 통해 환불요청을 할 수 있습니다.
    • 고객이 거래의 취소 및 환불을 요구하는 경우에는 가맹점이 이를 접수하여 엑스페이를 통하여 취소 및 환불을 처리하거나 가맹점 책임 하에 직접 환불을 처리합니다.
    • 비트코인 전송 시 간헐적으로 발생하는 비트코인 전송 무한대기에 대해서는 15일 이내에 거래가 취소 될 수 있습니다.
    • 가맹점의 과실로 인한 비트코인 결제 지연 또는 취소나, 환불 시 비트코인 주소를 잘못 입력해서 발생하는 모든 문제에 대한 책임은 가맹점에게 있습니다.
  4. 엑스페이 수수료 및 대금 정산
    • 서비스 수수료율
      • 가맹점에 정산 시 판매금액의 일정 비율의 수수료를 차감합니다.
      • 서비스 수수료율은 회사의 홈페이지에 명시되어 있으며, 서비스 수수료율은 회사 정책에 따라 변경될 수 있습니다.
    • 정산 시점은 고객이 결제를 완료한 때가 아니라 고객이 비트코인을 입금한 뒤 해당 거래가 비트코인 네트워크(블록체인)에서 3컨펌이 완료된 때를 기준으로 합니다.
    • 엑스페이 정산대금은 3영업일 이후 출금 가능합니다.

제8장 개인 정보 보호

제24조 (회원정보 사용에 대한 동의)

  1. 회원의 개인 정보에 대해서는 회사의 개인정보 보호정책이 적용됩니다. 회원이 이용 신청서에 회원정보를 기재하고, 회사에 본 약관에 따라 이용 신청 하는 것은 회사가 본 약관에 따라 이용신청서에 기재된 회원정보를 수집, 이용 및 제공하는 것에 동의하는 것으로 간주 됩니다. 회원정보의 관리 책임자는 회사가 정하는 운영자입니다.
  2. 회원이 회사 및 회사와 제휴한 서비스들을 유용하고 편리하게 이용할 수 있도록 하기 위해 회사는 본 계약에 정해진 절차에 따라 회원 정보를 이용하거나 회사와 제휴한 업체에 제공할 수 있습니다. 단, 회사는 전기통신 기본법 등 법률의 규정에 의해 국가기관의 요구가 있는 경우, 범죄에 대한 수사상의 목적이 있거나 정보통신윤리위원회의 요청이 있는 경우 또는 기타 관계법령에서 정한 절차에 따른 요청이 있는 경우를 제외하고는 언제나 제휴 업체, 제공 목적, 제공할 회원 정보 내용 등을 사전에 공지하고 회원의 동의를 얻은 경우에 한하여 회원의 정보를 제3자에게 공개하거나 배포합니다. 단, 거래시 거래가 정상적으로 성사 되어 쌍방 당사자간에 거래와 관련된 상호 정보를 교환하는 경우에는 본 조항의 제한이 적용되지 않습니다.
  3. 이용 신청자 또는 회원이 이용 신청 시 기재한 신상정보가 변경 되었을 경우에는 즉시 운영자 또는 회원정보 변경 창을 통해서 관련사항을 수정하여야 합니다. 단, 회원 ID와 이름, 생년월일, 성별 등은 신용관리상 변경할 수 없습니다.
  4. 전항의 경우, 수정하지 않은 정보로 인한 각종 손해는 당해 회원이 부담하며, 회사는 이에 대하여 아무런 책임을 지지 않습니다.
  5. 회원이 회사의 개인정보 취급에 대해서 불만을 가질 경우 서면상으로 회사에 관련 내용을 제출하여야 하며 이 경우 회사는 적법한 절차에 따라 회원의 불만을 처리해야 합니다.
  6. 회원의 이용 계약 해지는 제8조에 따르며, 이용계약이 해지된 경우 회원의 신상정보는 전자상거래 등에서의 소비자 보호에 관한 법률 등 관계법령에서 명시한 자료를 보관하며 이후에는 삭제합니다.
  7. 회사는 개인정보를 파기하여야 할 의무가 있는 경우라도 상법 등 관계법령의 규정에 의하여 보존할 필요가 있는 경우에는 관계법령에서 정한 기간동안 회원의 개인정보를 보관합니다. 단, 수집 된 주민등록번호의 뒷자리는 마스킹 처리 후 보관합니다.
  8. 특정 서비스 사용을 위해 개인정보를 수집하거나 전송할 필요가 있을 경우, 회사는 반드시 회원에게 이와 같은 사실을 사전 공지하고 회원의 동의를 구해야 합니다.
  9. 회원이 제공한 개인정보는 회원의 동의 없이 목적 외의 이용으로 제공할 수 없습니다. 단, 다음의 경우는 예외로 합니다.

제9장 손해배상 및 면책조항

제25조 (손해배상)

회사는 본 약관에서 규정한 매매 규칙을 벗어난 거래를 통해서 발생한 일체의 사고에 대해서 책임을 지지 않으며, 판매자 또는 구매자의 과실로 인해 발생한 분쟁에 대해서 책임을 지지 않습니다. 회사의 제휴사에 의해 발생한 피해는 제휴사의 약관에 준하며, 제휴사와 회원 사이에 분쟁 해결하는 것을 원칙으로 합니다.

제26조 (면책조항)

  1. 회사는 다음 각 호에 해당하는 경우에는 책임을 지지 않습니다.
    • 가) 전시, 사변, 천재지변 또는 이에 준하는 국가 비상 사태 등 불가항력적인 경우
    • 나) 이용자의 고의 또는 과실로 인하여 손해가 발생한 경우
    • 다) 전기통신사업법에 의한 타 기간 통신사업자가 제공하는 전기통신서비스 장애로 인한 경우
  2. 회사는 이용자의 귀책 사유로 인한 서비스 이용의 장애에 대하여 책임을 지지 아니합니다.
  3. 회사는 이용자의 게시 또는 전송한 자료의 내용에 관하여는 책임을 지지 아니 합니다.
  4. 회사는 암호화폐 발행 관리 시스템 또는 통신 서비스 업체의 서비스 불량으로 인한 또는 정기적인 서버 점검 시간으로 인하여 암호화폐전달에 하자가 발생하였을 경우는 책임을 지지 않습니다.
  5. 빗썸거래소에 등록된 암호화폐의 내용은 각 회원이 등록한 것으로 회사는 등록내용에 대한 일체의 책임을 지지 않습니다.

제27조 (대리 및 보증의 부인)

  1. 회사는 암호화폐을 판매하거나 구매하고자 하는 회원을 대리할 권한을 갖고 있지 않으며, 회사의 어떠한 행위도 판매자 또는 구매자의 대리 행위로 간주되지 않습니다.
  2. 회사는 회사가 제공하는 서비스를 통하여 이루어지는 회원간의 판매 및 구매와 관련하여 판매의사 또는 구매의사의 사실 및 진위, 적법성에 대하여 보증하지 않습니다.
  3. 회사는 회사에 링크된 사이트가 취급하는 상품 또는 용역에 대하여 보증책임을 지지 아니합니다. 회사와 회사에 연결된 사이트는 독자적으로 운영되며 회사는 회사 연결사이트와 회원간에 행해진 거래에 대하여 어떠한 책임도 지지 아니합니다.

제28조 (관할법원 및 준거법)

  1. 회사의 요금체계 등 서비스 이용과 관련하여 분쟁이 발생될 경우, 회사의 본사 소재지를 관할하는 법원을 관할 법원으로 하여 이를 해결합니다.
  2. 서비스 이용과 관련하여 회사와 회원 간의 소송에는 대한민국 법을 적용합니다.

부칙

  1. 이 약관은 2015년 5월 25일부터 적용됩니다.
  2. 이 약관은 2015년 11월 26일부터 적용됩니다.
  3. 이 약관은 2016년 6월 07일부터 적용됩니다.

第1章 総則

第1条 目的

本約款は、株式会社ビーティーシーコリアドットコム(以下、「会社」といいます。)が提供するBithumb及びBithumbと関連する諸般のサービス(以下、「サービス」といいます。)の利用条件及び手続に関する会社と会員間の権利義務及び責任事項、その他の必要な事項を規定することを目的とします。

第2条 (約款の明示、説明と改訂)

  1. 本約款の内容は、会社のサービス会員登録と関連するホームページに掲示したり、その他の方法によってユーザに対してお知らせし、利用者が会員として登録する際に本約款に同意することでその効力が発生します。
  2. 会社は、「約款の規制に関する法律」、「情報通信網の利用促進及び情報保護等に関する法律」等の関連法に違反しない範囲において本約款を改訂できます。
  3. 会社が約款を改訂する場合は、適用日及び改訂事由を明示し、現行の約款と共に会社のホームページの初期画面かポップアップウィンドウ又はお知らせ事項の欄において、その適用日の7日以前から適用日前日まで告知します。
  4. 会社が前項に基づいて改訂約款をお知らせによって告知しながら、会員に対して、7日間の期間内に意思表示をしなければ意思表示が表明されたものとみなすという意向を明確に告知又は通知したにもかかわらず、会員が明示的に拒否の意思表示をしなかった場合、会員が改訂約款に同意したものとみなします。
  5. 会員が改訂約款の適用に同意しないという明示的な意思を表明した場合、会社は、改訂約款の内容を適用できず、この場合、会員は利用契約を解約できます。但し、既存の約款を適用できない特別な事情がある場合には、会社は、利用契約を解約できます。

第3条 (約款以外の準則)

本約款において定めていない事項と、本約款の解釈に関しては、電子商取引等における消費者保護に関する法律、約款の規制等に関する法律、公正取引委員会が制定した電子商取引等における消費者保護指針及び関連法令の規定と一般の商慣例に拠ります。 但し、会社が提供するサービスを通じて会員相互間において行われた取引については、訪問販売等に関する法律、電子取引基本法、消費者保護法等の関連法令が優先的に適用され、会員は、本約款の規定を挙げて取引相手方に対して免責を主張できません。

第4条 (用語の定義)

  1. 本約款において使用する用語の定義は、次の通りです。
    • 会員:本約款を承認して会員登録を行い、会社とサービス利用契約を締結した者をいいます。
    • ID:会員の識別とサービスの利用のために、会員が会社が承認した文字と数字の組み合わせの通りに設定したものをいいます。
    • ホームページ:ホームページ:会員が会社のサービスを利用できるようにするために、会社が提供するBithumbのウェブホームページをいいます。
    • パスワード:会員の同一性確認と会員情報の保護のために、会員が会社が承認した文字と数字の組み合わせの通りに設定したものをいいます。
    • 販売者:仮想通貨を販売する意思により、当該仮想通貨を会社がオンラインにおいて提供する様式に合わせて登録したり申請した会員をいいます。
    • 購入者:仮想通貨を購入する意思により、当該仮想通貨を会社がオンラインにおいて提供する様式に合わせて登録したり申請した会員をいいます。
    • 自主取引:仮想通貨を伝達する過程において、会社の参加なしに販売者と購入者が互いに指定した方法によって取引することをいいます。
    • コンテンツサービス:ピン番号によって販売される商品券、紙類商品券、プリペイドカード等、Bithumb KRW又はBTCによって購入可能な商品券を提供する商品券モールと、仮想通貨によってチャージするプリペイドカード等の有料サービスをいいます。
    • 엑스페이 서비스: 암호화폐로 온라인/오프라인에서 회원(가맹점)이 재화나 용역 및 기타 서비스의 대가로 암호화폐를 통해 지급받고자 하는 경우 해당 거래가 원활하게 처리될 수 있도록 지급결제 정보와 정산의 편이를 제공하는 서비스를 말합니다.
    • 가맹점: 엑스페이 서비스에 가입하여 이용중인 개인 또는 업체를 말합니다.

第2章 サービス利用申請及び承諾(会員登録及び退会)

第5条 (利用契約の成立)

  1. 利用者は、会社が定める登録様式に従って会員情報を入力した後、本約款に同意するという意思表示をすることで、会員登録を申請します。
  2. 会員登録は、会社の承諾が会員に到達した時点とします。
  3. 利用契約は、会員ID単位で締結します。利用契約が成立すると、利用申請者は会員として登録されます。
  4. 実名でなかったり、他人の氏名、電話番号等の個人情報を盗用して虚偽の登録を行った会員は法的な保護を受けることができず、これに伴う民事、刑事上の全ての責任は登録した会員が負わなければなりません。
  5. 満19歳未満の者は、株式会社ビーティーシーコリアが提供する仮想通貨取引関連サービスの利用が制限されます。
  6. 第1項に基づく申請において、会社は必要な場合に関係法令に基づいて利用者の種類に応じて専門機関を通じた実名確認及び本人認証を要請できます。もし、このような会社の提供要請を拒否して利用者本人であることが確認されないことにより発生する不利益について、会社は責任を負いません。

第6条 (利用申請)

  1. 利用申請は、オンラインにおいて、会社所定の登録申請様式において要求する事項を記録して申請します
  2. オンライン登録申請様式に記載する全ての会員情報は、実際のデータであるものとみなし、実名や実際の情報を入力しなかったユーザは法的な保護を受けることができず、サービスの使用において制限を受けることがあります。
  3. 事実と異なる情報、虚偽の情報を入力したり、後にそのような情報であることが明らかになった場合、会社はサービスの利用を一時停止したり、永久停止及び利用契約を解約できます。これによって会社又は第三者に関して発生した損害は、当該会員が全ての責任を負います。
  4. 会社は、会員に対して会社の関連サービスに関する多彩で有益な情報をE-mail、書信郵便、電話等を通じて提供できます。

第7条 (会員情報の使用に関する同意及び利用申請の承諾)

  1. 会員情報の使用に関する同意
    • 会社は、会員の個人情報を、本利用契約の履行と本利用契約上のサービスを提供するための目的で利用します。
    • 会員が会社及び会社と提携したサービスを便利に利用できるようにするために、会員情報を会社と提携した業者に提供することがあります。但し、会社は、会員情報を提供する前に提携業者、提供目的、提供する会員情報の内容等を事前に告知し、会員の同意を得なければなりません。
    • 会社は、会員の明示的な受信拒否の意思に反して提携したサービスの広告性情報を送信しません。但し、会社は、提携サービスの利用便宜のために利用案内及び商品情報等のSMS及びSMS URLを送信することができ、会員はそれを望まない場合、会員登録の退会を通じて情報の受信を拒否できます。
    • 会員は、会員情報の修正を通じて、いつでも個人情報に対する閲覧及び修正ができます。
    • 会員が利用申請書に会員情報を記載し、会社に対して本約款に基づいて利用申請を行うことは、会社が本約款に基づいて利用申請書に記載された会員情報を収集、利用及び提供することに同意することとみなされます。
  2. 利用申請の承諾
    • 会社は、会員が会社所定の登録申請様式において要求する全ての事項を正確に記載して利用申請を行った場合に会員登録を承諾できます。但し、第2号、第3号の場合は、会社は承諾を留保したり承諾を拒絶できます。
    • 会社は、次の各号に該当する利用申請については、承諾を留保できます。
      • ア) 設備に余裕がない場合
      • イ) 技術上支障がある場合
      • ウ) その他、会社の事情で利用承諾が困難な場合
    • 会社は、次の各号に該当する利用申請については、これを承諾しないことができます。
      • ア) 氏名が実名でない場合
      • イ) 他人の名義を使用して申請した場合
      • ウ) 利用申請の際に必要内容について虚偽の記載をして申請した場合
      • エ) 社会の安寧秩序又は公序良俗を阻害する目的で申請した場合
      • オ) 会社が定める利用申請条件に不備の部分があった場合

第8条 (利用契約の中止及び解約)

  1. 利用契約は、会員又は会社の解約によって終了されます。会員の解約による利用契約の終了と関連して発生した損害は、利用契約が終了した当該会員が責任を負わなければならず、会社は一切の責任を負いません。
    • 会員が利用契約を解約しようとするときは、会員本人がオンラインを通じて会社に解約申請をしなければなりません。
    • 会社は、会員が次の各号のいずれか一つに該当する行為をした場合、期間を定めてサービスの利用を制限したり利用契約を解約できます。
      • (ア) 次の各号のような違反行為がある場合
        • 他人のサービスID及びパスワードを盗用した場合
        • サービスの運営を故意に妨害した場合
        • 登録した氏名が実名でない場合
        • 公共秩序及び公序良俗を阻害する内容を故意に流布した場合
        • 会員が国益又は社会的公益を阻害する目的でサービスの利用を計画又は実行した場合
        • 他人の名誉を傷つけたり、不利益を与える行為をした場合
        • サービスの安定的な運営を妨害する目的で多量の情報を送信したり広告性情報を送信した場合
        • 情報通信設備の誤作動や情報等の破壊を誘発するコンピュータウィルスプログラム等を流布した場合
        • 他人の個人情報、利用者ID及びパスワードにより不正に使用した場合
        • 会社のサービス情報を利用して得た情報を会社の事前の承諾なしに複製又は流通させたり、商業的に利用した場合
        • 同じユーザが異なるIDで二重登録をした場合
        • 会社、他の会員又は第三者の知的財産権を侵害した場合
        • 放送通信審議委員会等の外部機関の是正要求があるか、違法な選挙運動と関連して選挙管理委員会の有権解釈を受けた場合
        • 本約款を含み、その他会社が定める利用条件に違反した場合
        • 長 期間の休眠登録者に対して通知した場合で、その通知期間内にもサービス利用に対する意思表示をしなかった場合
        • 会員が売買不適合商品を販売登録したり、その他の公共秩序及び公序良俗に違反する商品取引行為をしたり、それを試みた場合
        • 購入の意思なしに会員の物品を購入申請した後で購入を拒否した場合又は会員が実際に物品を販売しようとする意思なしに物品登録をした場合
        • 利用者に関する個人情報を、その同意なしに収集、保存、公開した場合
        • 会社のサービス情報を通じて得た情報により直接取引を誘導した場合
        • その他会社のサービス改善のための会社の政策上やむを得ない場合
      • (イ) 次の各号の場合で
        • - 運営者又は管理者が利用に不適合であると判断する場合
        • - 犯罪と結び付いていると客観的に判断される行為
        • - その他関係法令に違反する行為
  2. サービスの利用中止又は制限手続
    • 会社は、利用を制限しようとする場合には、その事由、日時及び期間を定めて、書面又は電話、ホームページのメッセージ機能等の方法を利用して当該会員又は代理人に対して通知します。
    • 但し、会社が緊急に利用を中止すべき必要があると認められる場合は、前項の過程なしにサービスの利用を制限できます。
    • サービスの利用中止の通知を受けた会員又はその代理人は、利用中止に対して異議がある場合、異議申請ができます。
    • 会社は、利用中止期間中にその利用中止事由が解消されたことが確認された場合に限り、利用中止措置を直ちに解除します。
  3. 利用契約の解約
    • 会社がサービスの利用を中止又は制限した後に同一の行為が2回以上繰り返されたり、30日以内にその事由が是正されない場合、又は1. ② (ア)の違反行為がある場合、会社は利用契約を解約できます。
    • 会社が利用契約を解約する場合は、会員登録を抹消します。会社はこの場合、会員に対してこれを通知し、会員登録抹消前に疎明する機会を付与します。

第9条 (会員情報の変更)

  1. 会員は、個人情報修正画面を通じていつでも本人の個人情報を閲覧して修正できます。但し、サービスの管理のために必要な実名、生年月日、性別、ID等は修正が不可能です。
  2. 会員は、会員登録申請の際に記載した事項に変更があった場合、オンラインにおいて修正したり、電子メールその他の方法により会社に対してその変更事項を通知しなければなりません。
  3. 3. 第2項の変更事項を会社に通知せずに発生した不利益について、会社は責任を負いません。

第3章 会員の義務

第10条 (会員IDとパスワードの管理に関する会員の義務)

  1. IDとパスワードに関する全ての管理責任は会員にあります。会員に付与されたIDとパスワードの管理の怠慢、不正使用によって発生する全ての結果に対する責任は会員にあります。
  2. 会員は、自分のIDが不正に使用された事実を知り得た場合、必ず会社に対してその事実を通知し、会社の案内に従わなければなりません。
  3. 第2項の場合に当該会員が会社にその事実を通知しなかったり、通知した場合でも会社の案内に従わずに発生した不利益について、会社は責任を負いません。

第11条 (情報の提供)

会社は、会員がサービス利用中に必要があると認められる次のようなサービス情報について、電子メールや書信郵便等の方法によって会員に対して提供することができ、会員は、それを望まない場合、登録申請メニューと会員情報修正メニューから情報の受信拒否ができます。

  1. 仮想通貨取引関連サービス
  2. イベント及び行事関連等のサービス
  3. その他会社が随時決定して会員に対して提供するサービス

第4章 サービス利用総則

第12条 (サービスの種類)

  1. 会社が提供するサービスには、仮想通貨取引(販売関連、購入関連、取引APIの提供、相場情報検索関連サービス)サービス、コンテンツサービス(商品券モール、プリペイドカード)等があります。
  2. 会社が提供するサービスの種類は、会社の事情によって随時変更されることがあり、提供されるサービスに関する著作権及び知的財産権は「会社」に帰属します。
  3. 会社は、サービスと関連して、会員に対して会社が定める利用条件に基づいてアカウント、ID、サービス、ポイント等を利用できる利用権限のみを付与し、会員はこれを活用した類似するサービスの提供及び商業的活動をすることができません。

第13条 (サービス内容の告知及び変更)

  1. 会社は、サービスの種類によって各サービスの特徴、手続及び方法に関する事項をサービス画面を通じてお知らせし、会員は、会社が告知した各サービスに関する事項を理解してサービスを利用しなければなりません。
  2. 会社は、サービス内容が変更される場合、少なくとも変更7日以前に告知しなければならず、会員が告知内容を照会せずに被った損害については責任を負いません。

第14条 (サービスの維持及び中止)

  1. サービスの利用は、会社の業務上又は技術上の特別な支障がない限り、年中無休1日24時間を原則とします。但し、定期点検等の必要により会社が定める日や時間はその限りではありません。
  2. 会社は、サービスを一定の範囲に分割し、各範囲別に利用可能時間を別途に定めることができます。この場合、その内容を事前にお知らせします。
  3. 会社は、次の各号に該当する場合、サービスの提供を中止できます。
    • サービス用設備のメンテナンス等の工事によりやむを得ない場合
    • 電気通信事業法に規定された基幹通信事業者が電気通信サービスを中止した場合
    • 会社が直接提供するサービスではない提携業者等の第三者を利用して提供するサービスの場合で、提携業者等の第三者がサービスを中止した場合
    • その他の不可抗力的事由がある場合
  4. 会社は、国家非常事態、停電、サービス設備の障害又はサービス利用の殺到等により正常なサービスの利用に支障があるときは、サービスの全部又は一部を制限したり停止できます。
  5. 会社は、新しいサービスへの交換又はその他会社がサービスを提供できない事由が発生した場合、提供されるサービスを中断できます。

第15条 (会員の決済の利用制限)

  1. 会社は、次の各号に該当する場合、会員の決済の利用を制限できます。
    • 決済利用金額が過度な場合
    • 販売者と購入者が同一人物と判断される場合
    • 決済サービスの提供会社及び発行会社の要請がある場合
    • その他会社の運営政策上、決済の利用を制限しなければならない場合
  2. 上記の場合に該当するとき、会社は、当該内容を会員に対してホームページのメッセージ等の方法を通じてお知らせします。
  3. 停止事由が重複して発生した場合は、全ての停止解除条件を備えている場合に限り、解除処理できます。

第16条 (会員の入金及び出金の利用制限)

  1. 会社は、次の各号に該当する場合、会員の入金及び出金の利用を制限したり、遅延して承認できます。
    • 登録会員名と入金者名が異なって入金された場合
    • 会員登録後の初回の出金額が過度な場合
    • その他会社の運営政策上、入金及び出金の利用を制限したり遅延しなければならない場合
    • 会社が定めるサービス利用権限の範囲を逸脱した場合
  2. 上記の場合に該当するとき、会社は、当該内容を会員に対してホームページのメッセージ等の方法を通じてお知らせします。
  3. 利用制限及び遅延事由が重複して発生した場合は、管理者又は運営者が要求する解除条件を備えている場合に限り、解除処理できます。

第5章 仮想通貨取引関連サービスの利用

第17条 (仮想通貨の販売登録・購入登録等)

  1. 会社が提供するサービスを通じて仮想通貨を販売又は購入しようとする会員は、会社が提供する登録様式に従って取引を登録しなければなりません。
  2. 付加サービスの利用
    • 仮想通貨を販売しようとする会員は、取引登録の際により効果的な販売のために会社が提供する付加サービスを申請できます。付加サービスの具体的な内容については、会社が別途定めるところに拠ります。
    • 仮想通貨の販売・購入と関連してBithumbが会員に対して提供する全てのサービスは、各会員個人の便宜増進のための利用権限のみが付与され、サービス利用権限の範囲を越える全ての類似したサービスの提供及び商業的活用は禁止されます。
  3. 仮想通貨登録情報の修正
    • 登録された仮想通貨情報を追加する等の修正は、取引実行後には変更できません。
    • 仮想通貨の登録の際に申請した付加サービスの取消は不可能で、追加のみ可能です。
    • 購入者が選択されている場合、削除は不可能です。
  4. 手数料以外の収入
    • 会社のサービスを利用する過程において、会社が取得することになる利子収入は会社が仮想通貨代金決済のためのサービスを提供する対価としての性質を持ち、会員はこれに対する返還を請求できません。

第18条 (取引サービスの利用制限)

区分 停止事由 解除条件 停止効力
サービス制限
ログイン以外のサービス利用不可
- 名義(連絡先)未確認
- ハッキング・詐欺事故の発生
- 事故会員の関連者(連絡先及び個人情報が一致)
- 決済セキュリティの連続エラー
- 退会申請
- その他:管理者の判断(正常なサービスの実施に深刻な障害を誘発した場合)
- 停止事由の解決
- 管理者の判断
ログイン以外の
取引、チャージ、出金不可
ログイン制限 - パスワード連続エラー
- ハッキング・詐欺事故の発生
- 名義の盗用と疑われる場合
- その他:管理者の判断
- APIを活用した類似サービスの提供及び商業的活用が疑われる場合
- 停止事由の解決
- 管理者の判断
ログイン不可
一部サービスの制限
(購入、販売、入出金の制限)
管理者の判断によって購入・販売・入出金等の特定のサービス以外の利用は問題ないと判断される場合、部分制限で処理することがある。
- 停止事由の解決
- 管理者の判断
特定のサービス利用不可

第19条 (仮想通貨の保管に関する内容)

  1. 会社は、6ヵ月以上接続していない会員を対象に、保有している仮想通貨又は出金していない仮想通貨を予期せぬ事故からより安全に保管するために、当時の相場で現金化して保管することがあります。
  2. 会社は、6ヵ月以上接続していない会員が保有していた仮想通貨の返還要求があった場合、保管している状態で返還します。

第6章 サービス利用手数料

第20条 (仮想通貨取引関連サービスの手数料の内容)

  1. 会社は、購入者・販売者に対してインターネットを通じたサービスを提供する対価として、手数料を賦課します。手数料は、会社のホームページの利用方法に明示されており、会社及び市場の状況によって変更されることがあります。
  2. 会社は、新しいサービスへの交換又はその他会社がサービスを提供できない事由が発生した場合、提供されるサービスを中断できます。

第7章 コンテンツサービスの利用

第21条 (商品券モールサービスの利用)

  1. 会社が、ピン番号を利用したオンライン・オフライン商品券とプリペイドカード、モバイル商品券及び紙類商品券等の有料商品を会員に対して販売するサービスであり、下記のような品目を取り扱います。
    • オンライン・オフライン商品券
    • モバイルサービス(チャージ料金プラン、ショートメッセージサービスクーポン等)
    • デジタルコンテンツ(Webストレージ、音楽、映画、漫画等)
    • その他会社が定める品目
  2. 会社は、各商品に関するピン番号又は紙類商品券を、提携会社から提供を受けて、当該商品を購入した会員に対して提供します。
  3. 会員は、商品券モールサービスの利用上の全ての問い合わせ及び問題について、各商品を取り扱う提携会社を通じて処理できます。但し、ピン番号の異常の有無については、会社に問い合わせて処理できます。
  4. 会員は、KRW又はBTCを使用して商品券、プリペイドカード類、モバイルサービス関連商品を購入できます。
  5. BTC決済の場合、決済当時の相場に応じてBTCの数量が決められます。
  6. BTC決済の場合、Bithumb取引所に当該ビットコインを市場価格で販売してKRWで決済されるため、ビットコインの相場変動に応じて若干の決済ビットコイン数量の差が発生することがあります。
  7. 紙類商品券の場合、配送期間は配送業者の状況によって変わることがあります。
  8. 会員は、原則的に商品券モールサービスの利用について払戻し及び取消ができません。

第22条 (プリペイドカードサービスの利用)

  1. プリペイドカードの発行
    • プリペイドカードは、本約款に同意した後にプリペイドカードページから発行できます。
    • プリペイドカードの発行及び配送のために、会社が定める一定金額のカード発行手数料が差し引かれます。
    • 会社の提携会社が発行するカードであるため、提携会社のホームページにおける登録及びカード発行申請が別途に必要です。
  2. プリペイドカードのチャージ及び利用
    • プリペイドカードのチャージは、ビットコインでのみ可能です。
    • 会員が保有しているビットコインの数量とチャージ申請時点の相場を基準に、実際のカードチャージ金額が決定されます。
    • 会員は、次の各号に該当する場合、プリペイドカードのチャージ及び利用に制限を受けることがあります。
      • 会員がプリペイドカードを偽造・改ざんする等の不正な方法で使用した場合
      • 会員が関連法規及び利用約款に違反した場合
      • 会社及び提携会社の休業日又はシステムのメンテナンス作業がある場合
      • その他の天変地異等、カード運営システムに不可抗力の事由が発生した場合
    • 上記の事由によって会員がプリペイドカードをチャージ及び利用できなくなったことによって損害を被った場合、会員は損害賠償を請求できません。
    • プリペイドカード利用関連サービスは、提携会社の利用約款に依拠します。
    • プリペイドカードサービスは、政府の政策や会社及び提携会社の事情又は関連法令等により変更又は中断されることがあります。
    • プリペイドカードの紛失又は盗難及び交換と関連する事項は、提携会社の利用約款に準じます。
  3. プリペイドカードの払戻し及び取消
    • 会員は、原則的にプリペイドカードにチャージした金額についての払戻し及び取消はできません。
    • 会員は、次の各号に該当する場合、プリペイドカードにチャージされている金額の払戻しを受けることができます。本人名義の銀行口座に韓国ウォンで払戻しされ、一部利用金額がある場合はプリペイドカードに残っている残額が払戻しされます。
      • 天変地異等の事由によりプリペイドカードの利用が不可能な場合
      • カードの欠陥によりプリペイドカードの利用が不可能な場合
  4. プリペイドカードの手数料
    • プリペイドカードの手数料には、発行・チャージ・出金及び送金手数料があり、手数料は会社と提携会社のホームページの利用方法に明示されています。
    • プリペイドカードの手数料は、会社と提携会社及び市場の状況によって変更されることがあります。

第8章 個人情報の保護

第23条 (会員情報の使用に関する同意)

  1. 会員の個人情報については、会社の個人情報保護政策が適用されます。会員が利用申請書に会員情報を記載し、会社に対して本約款に基づいて利用申請をすることは、会社が本約款に基づいて利用申請書に記載された会員情報を収集、利用及び提供することに同意するものとみなされます。会員情報の管理責任者は、会社が定める運営者です。
  2. 会員が会社及び会社と提携したサービスを有用で便利に利用できるようにするために、会社は、本契約に定める手続に従って会員情報を利用したり、会社と提携した業者に提供できます。但し、会社は、電気通信基本法等の法律の規定に基づいて国家機関の要求がある場合、犯罪に関する捜査上の目的があったり、情報通信倫理委員会の要請がある場合又はその他の関係法令において定める手続に基づく要請がある場合を除いては、いつでも提携業者、提供目的、提供する会員情報の内容等を事前にお知らせし、会員の同意を得た場合に限って会員の情報を第三者に対して公開したり配布します。但し、取引の際に取引が正常に成立し、双方の当事者間において取引と関連する相互の情報を交換する場合は、本条項の制限が適用されません。
  3. 利用申請者又は会員が利用申請の際に記載した個人情報が変更された場合には、直ちに運営者又は会員情報変更ウィンドウを通じて関連事項を修正しなければなりません。但し、会員IDと氏名、生年月日、性別等は信用管理上、変更できません。
  4. 前項の場合、修正しなかった情報による各種の損害は当該会員が負担し、会社はこれについて一切の責任を負いません。
  5. 会員は、会社の個人情報の取扱に対して苦情がある場合、書面によって会社に関連内容を提出しなければならず、この場合、会社は適法な手続に基づいて会員の苦情を処理しなければなりません。
  6. 会員の利用契約の解約は第8条に依拠し、利用契約が解約された場合、会員の個人情報は電子商取引 等における消費者保護に関する法律等の関係法令において明示されている資料が保管され、その後は削除されます。
  7. 会社は、個人情報を破棄すべき義務がある場合でも、商法等関係法令の規定に基づいて保存する必要がある場合は、関係法令において定める期間の間、会員の個人情報を保管します。 但し、収集された住民登録番号の下7桁はマスキング処理して保管します。
  8. 特定のサービスの使用のために個人情報を収集したり送信する必要がある場合、会社は、必ず会員に対してこのような事実を事前に告知し、会員の同意を得なければなりません。
  9. 会員が提供した個人情報は、会員の同意なしに目的以外の利用のために提供できません。 但し、次の場合は例外とします。

第9章 損害賠償及び免責条項

第24条 (損害賠償)

会社は、 本約款において規定する売買規則を逸脱した取引を通じて発生した一切の事故について責任を負わず、販売者又は購入者の過失により発生した紛争について責任を負いません。会社の提携会社によって発生した被害は提携会社の約款に準じ、提携会社と会員の間において紛争を解決することを原則とします。

第25条 (免責条項)

  1. 会社は次の各号に該当する場合、責任を負いかねます。
    • ア) 戦時、事変、天変地異又はこれに準ずる国家非常事態等の不可抗力的な場合
    • イ) 利用者の故意又は過失によって損害が発生した場合
    • ウ) 電気通信事業法に基づく他の基幹通信事業者が提供する電気通信サービスの障害による場合
  2. 会社は利用者の帰責事由によるサービス利用の障害に対して責任を負いかねます。
  3. 会社は、利用者が掲示又は送信した資料の内容に関しては責任を負いません。
  4. 会社は、仮想通貨の発行管理システム又は通信サービス業者のサービス不良又は定期的なサーバ点検時間により、仮想通貨の伝達に瑕疵が発生した場合は責任を負いません。
  5. Bithumb取引所に登録された仮想通貨の内容は、各会員が登録したものであり、会社は登録内容について一切の責任を負いません。

第26条 (代理及び保証の否認)

  1. 会社は、仮想通貨を販売したり購入しようとする会員を代理する権限を持っておらず、会社の如何なる行為も販売者又は購入者の代理行為とみなされません。
  2. 会社は、会社が提供するサービスを通じて行われる会員間の販売及び購入と関連し、販売意思又は購入意思の事実及び真偽、適法性について保証しません。
  3. 会社は、会社にリンクされたホームページが取り扱う商品又は役務について保証責任を負いません。会社と会社にリンクされたホームページは独自に運営され、会社は会社にリンクされたホームページと会員間において行われた取引について如何なる責任も負いません。

第27条 (管轄裁判所及び準拠法)

  1. 会社の料金体系等のサービス利用と関連して紛争が発生した場合、会社の本社所在地を管轄する裁判所を管轄裁判所としてこれを解決します。
  2. サービス利用に関して会社と会員間の訴訟には大韓民国の法律を適用します。

附則

  1. 本約款は、2015年5月25日から適用されます。
  2. 本約款は、2015年11月26日から適用されます。
  3. 本約款は、2016年6月7日から適用されます。
  4. 本約款は、2018年1月1日から適用されます。

第1章 総則

第1条 (目的)

この約款は、株式会社BTCKorea.com(以下:会社)が提供するビッサムおよびビッサム関連の諸般のサービス(以下:サービス)の利用条件および手続きに関する会社と会員間の義務および責任事項、その他の必要な事項を規定することを目的とします。

第2条 (約款の明示、説明と改訂)

  1. この約款の内容は、会社のサービス会員登録関連サイトに掲示、またはその他の方法でユーザーに知らせ、ユーザーが会員として登録して、この約款に同意することで効力が発生します。
  2. 会社は、「約款の規制に関する法律」、「情報通信網利用促進および情報保護等に関する法律」等の関連法に違反しない範囲でこの約款を改定することができます。
  3. 会社が約款を改定する場合は、適用日時および改定事由を明示し、現行約款と共に会社サイトの初期画面やポップアップ画面、またはお知らせとしてその適用日時の7日以前から通知します。ただし、会員に不利であったり、重大であったりする内容の場合は、適用日時の30以前に会員に知らせます。
  4. 会社が前項に従って改定約款について通知し、会員に7日間の期間内に意思表示をしなければ、意思表示が表明されたものとみなす旨を明確に知らせたにもかかわらず、会員が明示的に拒否の意思表示をしていない場合、会員が改正約款に同意したものとします。
  5. 会員が改定約款の適用に同意しないという明示的意思を表明した場合、会社は改定約款の内容を適用することができず、この場合に会員は利用契約を解約することができます。ただし、既存の約款を適用できない特別な事情がある場合、会社は利用契約を解約することができます。

第3条 (約款以外の準則)

  1. 会社は、サービスに対してこの約款の他に別途のお知らせ、個別約款、個別の同意事項、利用案内、運用方針、詳細な指針等(以下、総称「詳細指針」といいます)を定め、これを会員に通知、または同意を得たりすることができます。また、詳細指針の中で会員の同意を得た内容がこの約款と矛盾する場合は、「詳細指針」が優先して適用されます。
  2. この約款で定めていない事項や、解釈については「詳細指針」および関連法または商慣習に従います。

第4条 (用語の定義)

  1. この約款で使用する用語の定義は次のとおりとします。
    • 会員:この約款を承認し、会員登録をして会社とサービス利用契約を締結した者をいいます。
    • ID:会員の識別とサービス利用のために会員が登録している電子メールアドレスや携帯電話番号をいいます。
    • パスワード:会員の同一性の確認や会員情報の保護のために、会員が会社の承認した文字と数字を組み合わせて設定したものをいいます。
    • 暗号通貨:ビットコイン(BTC)、イーサネットリウム(ETH)等のブロックチェーンで電子的に存在している情報で、サービスの目的をいいます。
    • ウォン貨ポイント(KRW):会員が会社の提供する決済手段を利用してチャージして暗号通貨の取引等に使用し、現金への交換が可能なポイントです。ただし、別途の利子が発生しません。
    • 販売者:暗号通貨を販売する意思を持って、その暗号通貨を会社がオンラインで提供する様式に合わせて登録または申請した会員をいいます。
    • 購入者:暗号通貨を購入する意思を持って、その暗号通貨を会社がオンラインで提供する様式に合わせて登録または申請した会員をいいます。
    • コンテンツサービス:PIN番号で販売される商品券、支流商品券、プリペイドカード等、ビッサムKRWまたはBTCで購入可能な商品券を提供する商品券モールや、暗号通貨でチャージするプリペイドカード等の有料サービスをいいます。

第2章 サービス利用申請及び承諾(会員登録及び退会)

第5条 (利用契約の成立)

  1. ユーザーは、会社が定めた登録様式に基づいて会員情報を記入した後、この約款に同意するという意思表示をすることで会員登録を申請します。
  2. 会員登録は、会社の承諾が会員に到達した時点とします。
  3. 利用契約は会員ID単位で締結します。利用契約が成立すると、利用申請者は会員として登録されます。
  4. 実名でなかったり、他人の名前、電話番号等の個人情報を盗用したりして虚偽の登録した会員は、法的な保護を受けることができず、これによる民事、刑事上のすべての責任は登録した会員が負うことになります。
  5. 満19歳未満の方は、会社が提供する暗号通貨取引関連サービスの利用を制限します。
  6. ユーザーがマネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF, Financial Action Task Force)でマネーロンダリング防止非協力国に指定された国または地域の国民、市民権者、永住権者、居住者等の場合は、サービスの利用が制限されることがあります。また、会員は次の各号を保証します。
    • 非協力国の国民、市民権者、永住権者、居住者等でないこと
    • 非協力国滞在中のサービスを利用していないこと
  7. 第1項による申請において会社は、必要に応じて関係法令によりユーザーのタイプに応じて専門機関を通じた実名確認と本人認証を要請することができます。 万一、このような会社の提供要求を拒否して、ユーザー本人であることが確認されていないために発生する不利益について会社は責任を負いません。

第6条 (利用申請)

  1. 利用申請はオンラインで会社所定の登録申請フォームに必要事項を記録して申請します。
  2. オンライン登録申請フォームに記載されたすべての会員情報は、実際のデータであると見なされます。実名や実際の情報を入力していないユーザーは、法的な保護を受けることができず、サービスの利用制限を受ける場合もあります。
  3. 事実と異なる情報、虚偽の情報を記入したり、その後にそのような情報であることが明らかになった場合、会社はサービスの利用を一時停止したり、永久停止や利用契約を解約することができます。これにより、会社または第三者に生じた損害は、会員がすべての責任を負います。

第7条 (会員情報の使用に関する同意及び利用申請の承諾)

  1. 会員情報の使用に関する同意
    • 会社は、会員の個人情報をこの利用契約の履行と、この利用契約上のサービスを提供するための目的で利用します。
    • 会員が会社や会社と提携したサービスを便利に利用できるようにするために、会員情報は会社と提携した業者に提供されることがあります。ただし、会社は会員情報の提供前に提携業者、提供目的、提供する会員情報の内容等を事前に通知して会員の同意を得なければなりません。
    • 会員は、会員情報の変更により、いつでも個人情報の閲覧および修正をすることができます。
    • 会員が利用申込書に会員情報を記載し、会社にこの約款に基づいて利用申請をすることは、会社がこの約款に基づいて利用申込書に記載された会員情報を収集、利用及び提供することに同意するものとみなされます。
  2. 利用申請の承諾
    • 会社は、会員が会社所定の登録申請フォームにすべての必要事項を正確に記載して利用申請をした場合、会員登録を承諾することができます。ただし、第2号、第3号の場合、会社は承諾を留保、または承諾を拒否することができます。
    • 会社は、次の各号に該当する利用申請については、承諾を留保できます。
      • イ. 設備に余裕がない場合
      • ロ. 技術上、支障がある場合
      • ハ. その他、会社の事情で利用承諾が難しい場合
    • 会社は、次の各号に該当する利用申請に対してはこれを承諾しないこともできます。
      • イ. 名前が実名ではない場合
      • ロ. 他人の名義を使用して申請した場合
      • ハ. 利用申請時に必須内容に虚偽を記載して申請した場合
      • ニ. 社会の安寧秩序または公序良俗を阻害する目的で申請した場合
      • ホ. 会社が定めた利用申請要件に不備な部分があった場合

第8条 (利用契約の停止および解約)

  1. 利用契約は、会員または会社の解約によって終了します。
    • 会員が利用契約を解約しようとする場合、自分の資産(暗号通貨とウォン貨ポイント)のすべてを外部に移転した後、会社に解約申請をしなければなりません。
    • 会社は、会員が以下の事由に該当する場合、相当の期間を定めて最高のアフターサービスの利用を制限したり、利用契約を解約したりすることができます。
      • - 他人のサービスID及びパスワードを盗用した場合
      • - サービスの運営を故意に妨害した場合
      • - 登録した氏名が実名でない場合
      • - 会員が社会的公益を阻害する目的でサービスを利用する場合
      • - 他人の名誉を傷つけたり、不利益を与える行為をした場合
      • - サービスの安定的な運営を妨害する目的で多量の情報を送信したり広告性情報を送信した場合
      • - 情報通信設備の誤作動や情報等の破壊を誘発するコンピュータウィルスプログラム等を流布した場合
      • - 他人の個人情報、利用者ID及びパスワードにより不正に使用した場合
      • - 会社のサービス情報を利用して得た情報を会社の事前承諾なしに複製または流通させたり、商業的に利用したりする場合
      • - 同じユーザが異なるIDで二重登録をした場合
      • - 会社、他の会員または第三者の知的財産権を侵害した場合
      • - 放送通信審議委員会等の外部機関の是正要求があった場合や、違法選挙運動に関連して選挙管理委員会の有権解釈を受けた場合
      • - ユーザーに関する個人情報を、その同意なしに収集、保存、公開した場合
      • - 会員のサービス利用が犯罪につながると客観的に判断される場合
      • - 手数料等の利益を得る目的で他人を代行し、暗号通貨を取引する場合
      • - 会員の行為が他の関係法令に違反する場合
  2. サービス利用の停止または制限の手続き
    • 会社は、利用制限をしようとする場合、その事由、日時および期間を定め、書面(電子メールを含む)または電話、ホームページのメッセージ機能等の方法を利用して当該会員あるいは代理人に通知します。
    • ただし、会社が緊急に利用を停止する必要があると認めた場合は、前項の過程を経ずにサービス利用を制限することができます。
    • サービスの利用停止通知を受けた会員、またはその代理人は、利用停止に対して異議がある場合、異議申立をすることができます。
    • 会社は、利用停止期間中にその利用停止事由が解消されたことが確認された場合に限り、利用停止措置を直ちに解除します。
  3. 利用契約の解約
    • 会社がサービス利用を停止または制限した後、同じ行為が2回以上繰り返されたり、30日以内にその事由が是正されなかったりした場合、会社は利用契約を解約することができます。
    • 会社が利用契約を解約する場合は、会員登録を抹消します。会社はこの場合、会員にこれを通知し、会員登録の抹消前に釈明する機会を与えます。

第9条 (会員情報の変更)

  1. 会員は、個人情報修正画面から、いつでも本人の個人情報を閲覧、修正することができます。ただし、サービス管理のために必要な実名、生年月日、性別、ID等は修正できません。
  2. 会員は、会員登録申請時に記載した事項が変更された場合、オンラインで修正を、または電子メールその他の方法で会社に対してその変更事項を知らせなければなりません。
  3. 第②項の変更事項を会社に知らせずに発生した不利益に対し、会社は責任を負いません。

第3章 会員の義務

第10条 (会員IDとパスワードの管理に関する会員の義務)

  1. IDとパスワードに関するすべての管理責任は会員にあります。会員に付与されたIDとパスワードの管理不十分、不正使用によって発生したすべての結果に対する責任は会員にあり、会社はこれに対する責任を負いません。ただし、会社の故意または過失による場合は、その限りではありません。
  2. 会員は、自分のIDが不正に使用された事実が分かった場合、必ず会社にその事実を通知し、会社の指示に従わなければなりません。
  3. 第②項の場合、該当の会員が会社にその事実を通知しなかったり、通知した場合でも会社の案内に従わずに発生した不利益に対して会社は責任を負いません。

第11条 (情報の提供)

会社は、有∙無線電話、電子メール、文字サービス(LMS/SMS)、SNS等の方法で次のようなサービスについて利用便宜のための利用案内および商品に関する情報を提供することができます。この場合、会員はいつでも受信を拒否することができます。

  1. 暗号通貨の取引関連サービス
  2. イベント及び行事関連等のサービス
  3. その他、会社が随時に決定して会員に提供するサービス

第4章 サービス利用総則

第12条 (サービスの種類)

  1. 会社が提供するサービスには、暗号通貨の取引(販売関連、購入関連、取引APIの提供、相場情報検索関連サービス)サービス、コンテンツサービス(商品券モール、プリペイドカード)等があります。
  2. 会社が提供するサービスの種類は、会社の都合により随時変更される場合があり、提供されるサービスの著作権および知的財産権は、会社に帰属します。
  3. 会社は、サービスと関連して、会員に対して会社が定める利用条件に基づいてアカウント、ID、サービス、ポイント等を利用できる利用権限のみを付与し、会員はこれを活用した類似するサービスの提供及び商業的活動をすることができません。

第13条 (サービス内容の通知および変更)

  1. 会社は、サービスの種類に応じて各サービスの特性、手続き、方法に関する事項をサービス画面を介して通知し、会員は、会社が通知した各サービスに関する事項を理解したうえでサービスを利用しなければなりません。
  2. 会社は、相当な理由がある場合、運営上、技術上の必要に応じて個別のサービスを変更できます。この場合、会社は最低でも7日前に知らせなければなりません。

第14条 (サービスの維持及び中止)

  1. サービスの利用は、会社の業務上または技術上の特別な支障がない限り年中無休、1日24時間を原則とします。ただし、定期点検等、会社が必要と定めた日や時間はその限りではありません。
  2. 会社は、サービスを一定の範囲に分割し、各範囲別に利用可能時間を別途に定めることができます。この場合、その内容を事前にお知らせします。
  3. 会社は、次の各号に該当する場合、サービスの提供を停止することができます。
    • サービス用設備のメンテナンス等の工事によりやむを得ない場合
    • 電気通信事業法に規定された基幹通信事業者が電気通信サービスを中止した場合
    • 会社が直接提供するサービスではない提携業者等の第三者を利用して提供するサービスの場合で、提携業者等の第三者がサービスを中止した場合
    • その他の不可抗力的事由がある場合
  4. 会社は、国家非常事態、停電、サービス設備の障害やサービス利用の暴走等で正常なサービス利用に支障があるときは、サービスの全部または一部を制限したり、停止したりすることができます。

第15条 (会員の決済の利用制限)

  1. 会社は、次の各号に該当する場合、会員の決済の利用を制限できます。
    • 販売者と購入者が同一人物と判断される場合
    • 決済サービスのプロバイダと発行会社の要請がある場合
  2. 上記の各号に該当する場合、会社はその内容を会員にホームページのお知らせ等の方法を介して通知します。
  3. 制限事由の重複発生時には、すべての制限解除の条件を備えた場合に限り、解除処理をすることができます。

第16条 (会員の入金および出金利用制限)

  1. 会社は、次の各号に該当する場合、会員の入金および出金の利用を制限、または遅延して承認することができます。
    • 登録会員名と入金者名が異なって入金された場合
    • 会社が定めたサービス利用権限の範囲を超えた場合
    • 警察、国税庁等の国家機関や金融機関から、会員のアカウントが不法行為に利用されたことが疑われるという情報の提供があった場合
  2. 上記の各号に該当する場合、会社はその内容を会員にホームページのお知らせ等の方法を介して通知します。
  3. 利用制限及び遅延事由が重複して発生した場合は、管理者又は運営者が要求する解除条件を備えている場合に限り、解除処理できます。

第5章 仮想通貨取引関連サービスの利用

第17条 (仮想通貨の販売登録・購入登録等)

  1. 会社が提供するサービスを通じて仮想通貨を販売又は購入しようとする会員は、会社が提供する登録様式に従って取引を登録しなければなりません。
  2. 付加サービスの利用
    • 仮想通貨を販売しようとする会員は、取引登録の際により効果的な販売のために会社が提供する付加サービスを申請できます。付加サービスの具体的な内容については、会社が別途定めるところに拠ります。
    • 暗号通貨の販売/購入に関して会社が会員に提供するすべてのサービスは、各会員個人の便宜増進のための利用権限のみを付与し、サービス利用権限の範囲を超えて類似サービスの提供および商業的な活用をすることは一切禁止します。

第18条 (取引サービスの利用制限)

区分 制限事由 解除条件
ログインブロック ① 会員本人の要請がある場合
② 本人確認の手続きに失敗した場合
③ 国家機関または金融機関等の要請がある場合
④ セキュリティパスワードを5回連続で誤って入力した場合
⑤ ボイスフィッシング等の犯罪や金融事故に関連、または関連性に合理的な疑いがかかる場合
- 制限事由解決
- ④は本人確認後ブロックを解除
出金ブロック ① 会員が未成年者である場合
② 会員本人の要請がある場合
③ 国家機関または金融機関等の要請がある場合
④ 登録後、KRWで購入した暗号通貨の最初の出金を要請した場合。ただし、KRWのチャージ時から72時間ブロック
⑤ 24時間以内に3回以上KRWをチャージした場合。ただし、3回目のKRWのチャージ時から72時間ブロック
⑥ ボイスフィッシング等の犯罪や金融事故に関連、または関連性に合理的な疑いがかかる場合
⑦ 法律上の原因なくKRWや暗号通貨を取得した者
- 制限事由解決
- ④~⑥は、オフラインのカスタマーセンターを訪問し、本人確認後にブロック解除が可能

第6章 サービスの利用手数料

第19条 (暗号通貨の取引関連サービス手数料の内容)

会社は、購入者/販売者にインターネットを介したサービスを提供する対価として手数料を請求します。手数料は、会社のホームページ利用方法に明示されており、会社および市場の状況に応じて変更されることがあります。

第7章 個人情報の保護

第20条 (個人情報の保護)

会社は、関係法令が定めるところにより、会員の個人情報を保護するために努力します。会員の個人情報は、サービスの円滑な提供のために会員が同意した目的と範囲内でのみ利用されます。会社は、法令に基づくか、会員が別途に同意しない限り、会員の個人情報を第三者に提供することはありません。これに関する詳細は、個人情報の処理方針で定めます。

第8章 損害賠償および免責条項

第21条 (会社の免責事項および損害賠償)

  1. 会社は、サービスに関してこの約款に明示されていないいかなる事項に対しても保証をしません。また、会社は会社が発行、または支給を保証していない暗号通貨の価値を保証しません。
  2. 会社は、自然災害、DDos攻撃、IDC障害、サービス接続の暴騰に起因するサーバーダウン、基幹通信事業者の回線障害等、その他の不可抗力的な事由でサービスを提供することができない場合は、サービス提供に関する責任が免除されます。ただし、会社の故意または重過失による場合は、その限りではありません。
  3. 会社は、ブロックチェーンの問題、暗号通貨発行管理システム自体の欠陥や技術的な問題、通信サービス会社の不良、定期的なサーバーメンテナンス等により、不可避的に障害が発生した場合には責任を負いません。 ただし、会社の故意または重過失による場合は、その限りではありません。
  4. 会社は、会員の帰責事由によるサービス利用障害やその結果については責任を負いません。ただし、会員に正当な事由がある場合には、その限りではありません。
  5. 会社は、会員間または会員と第三者の相互間でサービスを媒介にして取引等をした場合には、責任が免除されます。ただし、会社の故意または重過失による場合は、その限りではありません。
  6. 会社は、無料で提供されるサービスの利用に関し、関連法に特別な規定がない限り責任を負いません。
  7. 会社は安定的なサービスの提供のために、定期的、非定期的または緊急サーバーメンテナンスを実施することができます。万が一、サーバー点検完了後、国内外の暗号通貨取引所の暗号通貨相場とサービス上の購入/販売待機注文の暗号通貨相場が異常に差が出る場合、会社は会員を保護するために内部政策に基づいて待機注文をキャンセルするすることができます。
  8. サービスのエラー、電算障害またはその他の事由により、何者かが第三者の所有する暗号通貨を権限なく取得したり、送信を受けた場合、会社は当事者に事前通知してその暗号通貨を回収したり、原状回復させる等、必要な措置を取ることができます。
  9. 会員が会社に損害賠償を請求する場合、会社は会員と合意のうえで会員の電子ウォレットに暗号通貨またはウォン貨ポイント(KRW)を支給する方法で会員の損害を賠償することができます。

第22条 (代理および保証の否認)

  1. 会社は、暗号通貨の販売や購入を希望する会員を代理する権限を持っておらず、会社のいかなる行為も販売者または購入者の代理行為と見なされません。
  2. 会社は、会社が提供するサービスを介して行われる会員間の販売および購入に関し、販売意思または購入意思の事実あるいは真偽、適法性に対して保証しません。
  3. 会社に接続(リンク)されたサイト(商品券モール、有料コンテンツプロバイダ等)は、会社との契約を介して提携関係を結んだ業者として、会社は単に提携業者との接続(リンク)のみを提供するだけであり、提携業者のサービス運営および管理、物品の販売、配送、払い戻し等のあらゆる責任は会社に故意または過失がない限り、提携業者が負担し、会社は一切関与しません。

第23条 (管轄裁判所および準拠法)

  1. 本サービス利用約款は大韓民国の法律に基づいて規律されており、会社の料金体系等のサービス利用に関し、会社と会員間に発生した紛争で訴訟が提起された場合、大韓民国の法律が適用されます。
  2. サービス利用に関して会社と会員間に発生した訴訟の場合、法令に定められた手続きに従った裁判所を管轄裁判所とします。

付則

  1. この約款は、2018年5月28日から適用されます。

第1章 総則

第1条 (目的)

この約款は、株式会社BTCKorea.com(以下:会社)が提供するビッサムおよびビッサム関連の諸般のサービス(以下:サービス)の利用条件および手続きに関する会社と会員間の義務および責任事項、その他の必要な事項を規定することを目的とします。

第2条 (約款の明示、説明と改訂)

  1. この約款の内容は、会社のサービス会員登録関連サイトに掲示、またはその他の方法でユーザーに知らせ、ユーザーが会員として登録して、この約款に同意することで効力が発生します。
  2. 会社は、「約款の規制に関する法律」、「情報通信網利用促進および情報保護等に関する法律」等の関連法に違反しない範囲でこの約款を改定することができます。
  3. 会社が約款を改定する場合は、適用日時および改定事由を明示し、現行約款と共に会社サイトの初期画面やポップアップ画面、またはお知らせとしてその適用日時の7日以前から通知します。ただし、会員に不利であったり、重大であったりする内容の場合は、適用日時の30以前に会員に知らせます。
  4. 会社が前項に従って改定約款について通知し、会員に7日間の期間内に意思表示をしなければ、意思表示が表明されたものとみなす旨を明確に知らせたにもかかわらず、会員が明示的に拒否の意思表示をしていない場合、会員が改正約款に同意したものとします。
  5. 会員が改定約款の適用に同意しないという明示的意思を表明した場合、会社は改定約款の内容を適用することができず、この場合に会員は利用契約を解約することができます。ただし、既存の約款を適用できない特別な事情がある場合、会社は利用契約を解約することができます。

第3条 (約款以外の準則)

  1. 会社は、サービスに対してこの約款の他に別途のお知らせ、個別約款、個別の同意事項、利用案内、運用方針、詳細な指針等(以下、総称「詳細指針」といいます)を定め、これを会員に通知、または同意を得たりすることができます。また、詳細指針の中で会員の同意を得た内容がこの約款と矛盾する場合は、「詳細指針」が優先して適用されます。
  2. この約款で定めていない事項や、解釈については「詳細指針」および関連法または商慣習に従います。

第4条 (用語の定義)

  1. この約款で使用する用語の定義は次のとおりとします。
    • 会員:この約款を承認し、会員登録をして会社とサービス利用契約を締結した者をいいます。
    • ID:会員の識別とサービス利用のために会員が登録している電子メールアドレスや携帯電話番号をいいます。
    • パスワード:会員の同一性の確認や会員情報の保護のために、会員が会社の承認した文字と数字を組み合わせて設定したものをいいます。
    • 暗号通貨:ビットコイン(BTC)、イーサネットリウム(ETH)等のブロックチェーンで電子的に存在している情報で、サービスの目的をいいます。
    • ウォン貨ポイント(KRW):会員が会社の提供する決済手段を利用してチャージして暗号通貨の取引等に使用し、現金への交換が可能なポイントです。ただし、別途の利子が発生しません。
    • 販売者:暗号通貨を販売する意思を持って、その暗号通貨を会社がオンラインで提供する様式に合わせて登録または申請した会員をいいます。
    • 購入者:暗号通貨を購入する意思を持って、その暗号通貨を会社がオンラインで提供する様式に合わせて登録または申請した会員をいいます。
    • コンテンツサービス:PIN番号で販売される商品券、支流商品券、プリペイドカード等、ビッサムKRWまたはBTCで購入可能な商品券を提供する商品券モールや、暗号通貨でチャージするプリペイドカード等の有料サービスをいいます。

第2章 サービス利用申請及び承諾(会員登録及び退会)

第5条 (利用契約の成立)

  1. ユーザーは、会社が定めた登録様式に基づいて会員情報を記入した後、この約款に同意するという意思表示をすることで会員登録を申請します。
  2. 会員登録は、会社の承諾が会員に到達した時点とします。
  3. 利用契約は会員ID単位で締結します。利用契約が成立すると、利用申請者は会員として登録されます。
  4. 実名でなかったり、他人の名前、電話番号等の個人情報を盗用したりして虚偽の登録した会員は、法的な保護を受けることができず、これによる民事、刑事上のすべての責任は登録した会員が負うことになります。
  5. 満19歳未満の方は、会社が提供する暗号通貨取引関連サービスの利用を制限します。
  6. ユーザーがマネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF, Financial Action Task Force)でマネーロンダリング防止非協力国に指定された国または地域の国民、市民権者、永住権者、居住者等の場合は、サービスの利用が制限されることがあります。また、会員は次の各号を保証します。
    • 非協力国の国民、市民権者、永住権者、居住者等でないこと
    • 非協力国滞在中のサービスを利用していないこと
  7. 第1項による申請において会社は、必要に応じて関係法令によりユーザーのタイプに応じて専門機関を通じた実名確認と本人認証を要請することができます。 万一、このような会社の提供要求を拒否して、ユーザー本人であることが確認されていないために発生する不利益について会社は責任を負いません。

第6条 (利用申請)

  1. 利用申請はオンラインで会社所定の登録申請フォームに必要事項を記録して申請します。
  2. オンライン登録申請フォームに記載されたすべての会員情報は、実際のデータであると見なされます。実名や実際の情報を入力していないユーザーは、法的な保護を受けることができず、サービスの利用制限を受ける場合もあります。
  3. 事実と異なる情報、虚偽の情報を記入したり、その後にそのような情報であることが明らかになった場合、会社はサービスの利用を一時停止したり、永久停止や利用契約を解約することができます。これにより、会社または第三者に生じた損害は、会員がすべての責任を負います。

第7条 (会員情報の使用に関する同意及び利用申請の承諾)

  1. 会員情報の使用に関する同意
    • 会社は、会員の個人情報をこの利用契約の履行と、この利用契約上のサービスを提供するための目的で利用します。
    • 会員が会社や会社と提携したサービスを便利に利用できるようにするために、会員情報は会社と提携した業者に提供されることがあります。ただし、会社は会員情報の提供前に提携業者、提供目的、提供する会員情報の内容等を事前に通知して会員の同意を得なければなりません。
    • 会員は、会員情報の変更により、いつでも個人情報の閲覧および修正をすることができます。
    • 会員が利用申込書に会員情報を記載し、会社にこの約款に基づいて利用申請をすることは、会社がこの約款に基づいて利用申込書に記載された会員情報を収集、利用及び提供することに同意するものとみなされます。
  2. 利用申請の承諾
    • 会社は、会員が会社所定の登録申請フォームにすべての必要事項を正確に記載して利用申請をした場合、会員登録を承諾することができます。ただし、第2号、第3号の場合、会社は承諾を留保、または承諾を拒否することができます。
    • 会社は、次の各号に該当する利用申請については、承諾を留保できます。
      • イ. 設備に余裕がない場合
      • ロ. 技術上、支障がある場合
      • ハ. その他、会社の事情で利用承諾が難しい場合
    • 会社は、次の各号に該当する利用申請に対してはこれを承諾しないこともできます。
      • イ. 名前が実名ではない場合
      • ロ. 他人の名義を使用して申請した場合
      • ハ. 利用申請時に必須内容に虚偽を記載して申請した場合
      • ニ. 社会の安寧秩序または公序良俗を阻害する目的で申請した場合
      • ホ. 会社が定めた利用申請要件に不備な部分があった場合

第8条 (利用契約の停止および解約)

  1. 利用契約は、会員または会社の解約によって終了します。
    • 会員が利用契約を解約しようとする場合、自分の資産(暗号通貨とウォン貨ポイント)のすべてを外部に移転した後、会社に解約申請をしなければなりません。
    • 会社は、会員が以下の事由に該当する場合、相当の期間を定めて最高のアフターサービスの利用を制限したり、利用契約を解約したりすることができます。
      • - 他人のサービスID及びパスワードを盗用した場合
      • - サービスの運営を故意に妨害した場合
      • - 登録した氏名が実名でない場合
      • - 会員が社会的公益を阻害する目的でサービスを利用する場合
      • - 他人の名誉を傷つけたり、不利益を与える行為をした場合
      • - サービスの安定的な運営を妨害する目的で多量の情報を送信したり広告性情報を送信した場合
      • - 情報通信設備の誤作動や情報等の破壊を誘発するコンピュータウィルスプログラム等を流布した場合
      • - 他人の個人情報、利用者ID及びパスワードにより不正に使用した場合
      • - 会社のサービス情報を利用して得た情報を会社の事前承諾なしに複製または流通させたり、商業的に利用したりする場合
      • - 同じユーザが異なるIDで二重登録をした場合
      • - 会社、他の会員または第三者の知的財産権を侵害した場合
      • - 放送通信審議委員会等の外部機関の是正要求があった場合や、違法選挙運動に関連して選挙管理委員会の有権解釈を受けた場合
      • - ユーザーに関する個人情報を、その同意なしに収集、保存、公開した場合
      • - 会員のサービス利用が犯罪につながると客観的に判断される場合
      • - 手数料等の利益を得る目的で他人を代行し、暗号通貨を取引する場合
      • - 会員の行為が他の関係法令に違反する場合
  2. サービス利用の停止または制限の手続き
    • 会社は、利用制限をしようとする場合、その事由、日時および期間を定め、書面(電子メールを含む)または電話、ホームページのメッセージ機能等の方法を利用して当該会員あるいは代理人に通知します。
    • ただし、会社が緊急に利用を停止する必要があると認めた場合は、前項の過程を経ずにサービス利用を制限することができます。
    • サービスの利用停止通知を受けた会員、またはその代理人は、利用停止に対して異議がある場合、異議申立をすることができます。
    • 会社は、利用停止期間中にその利用停止事由が解消されたことが確認された場合に限り、利用停止措置を直ちに解除します。
  3. 利用契約の解約
    • 会社がサービス利用を停止または制限した後、同じ行為が2回以上繰り返されたり、30日以内にその事由が是正されなかったりした場合、会社は利用契約を解約することができます。
    • 会社が利用契約を解約する場合は、会員登録を抹消します。会社はこの場合、会員にこれを通知し、会員登録の抹消前に釈明する機会を与えます。

第9条 (会員情報の変更)

  1. 会員は、個人情報修正画面から、いつでも本人の個人情報を閲覧、修正することができます。ただし、サービス管理のために必要な実名、生年月日、性別、ID等は修正できません。
  2. 会員は、会員登録申請時に記載した事項が変更された場合、オンラインで修正を、または電子メールその他の方法で会社に対してその変更事項を知らせなければなりません。
  3. 第②項の変更事項を会社に知らせずに発生した不利益に対し、会社は責任を負いません。

第3章 会員の義務

第10条 (会員IDとパスワードの管理に関する会員の義務)

  1. IDとパスワードに関するすべての管理責任は会員にあります。会員に付与されたIDとパスワードの管理不十分、不正使用によって発生したすべての結果に対する責任は会員にあり、会社はこれに対する責任を負いません。ただし、会社の故意または過失による場合は、その限りではありません。
  2. 会員は、自分のIDが不正に使用された事実が分かった場合、必ず会社にその事実を通知し、会社の指示に従わなければなりません。
  3. 第②項の場合、該当の会員が会社にその事実を通知しなかったり、通知した場合でも会社の案内に従わずに発生した不利益に対して会社は責任を負いません。

第11条 (情報の提供)

会社は、有∙無線電話、電子メール、文字サービス(LMS/SMS)、SNS等の方法で次のようなサービスについて利用便宜のための利用案内および商品に関する情報を提供することができます。この場合、会員はいつでも受信を拒否することができます。

  1. 暗号通貨の取引関連サービス
  2. イベント及び行事関連等のサービス
  3. その他、会社が随時に決定して会員に提供するサービス

第4章 サービス利用総則

第12条 (サービスの種類)

  1. 会社が提供するサービスには、暗号通貨の取引(販売関連、購入関連、取引APIの提供、相場情報検索関連サービス)サービス、コンテンツサービス(商品券モール、プリペイドカード)等があります。
  2. 会社が提供するサービスの種類は、会社の都合により随時変更される場合があり、提供されるサービスの著作権および知的財産権は、会社に帰属します。
  3. 会社は、サービスと関連して、会員に対して会社が定める利用条件に基づいてアカウント、ID、サービス、ポイント等を利用できる利用権限のみを付与し、会員はこれを活用した類似するサービスの提供及び商業的活動をすることができません。

第13条 (サービス内容の通知および変更)

  1. 会社は、サービスの種類に応じて各サービスの特性、手続き、方法に関する事項をサービス画面を介して通知し、会員は、会社が通知した各サービスに関する事項を理解したうえでサービスを利用しなければなりません。
  2. 会社は、相当な理由がある場合、運営上、技術上の必要に応じて個別のサービスを変更できます。この場合、会社は最低でも7日前に知らせなければなりません。

第14条 (サービスの維持及び中止)

  1. サービスの利用は、会社の業務上または技術上の特別な支障がない限り年中無休、1日24時間を原則とします。ただし、定期点検等、会社が必要と定めた日や時間はその限りではありません。
  2. 会社は、サービスを一定の範囲に分割し、各範囲別に利用可能時間を別途に定めることができます。この場合、その内容を事前にお知らせします。
  3. 会社は、次の各号に該当する場合、サービスの提供を停止することができます。
    • サービス用設備のメンテナンス等の工事によりやむを得ない場合
    • 電気通信事業法に規定された基幹通信事業者が電気通信サービスを中止した場合
    • 会社が直接提供するサービスではない提携業者等の第三者を利用して提供するサービスの場合で、提携業者等の第三者がサービスを中止した場合
    • その他の不可抗力的事由がある場合
  4. 会社は、国家非常事態、停電、サービス設備の障害やサービス利用の暴走等で正常なサービス利用に支障があるときは、サービスの全部または一部を制限したり、停止したりすることができます。

第15条 (会員の決済の利用制限)

  1. 会社は、次の各号に該当する場合、会員の決済の利用を制限できます。
    • 販売者と購入者が同一人物と判断される場合
    • 決済サービスのプロバイダと発行会社の要請がある場合
  2. 上記の各号に該当する場合、会社はその内容を会員にホームページのお知らせ等の方法を介して通知します。
  3. 制限事由の重複発生時には、すべての制限解除の条件を備えた場合に限り、解除処理をすることができます。

第16条 (会員の入金および出金利用制限)

  1. 会社は、次の各号に該当する場合、会員の入金および出金の利用を制限、または遅延して承認することができます。
    • 登録会員名と入金者名が異なって入金された場合
    • 会社が定めたサービス利用権限の範囲を超えた場合
    • 警察、国税庁等の国家機関や金融機関から、会員のアカウントが不法行為に利用されたことが疑われるという情報の提供があった場合
  2. 上記の各号に該当する場合、会社はその内容を会員にホームページのお知らせ等の方法を介して通知します。
  3. 利用制限及び遅延事由が重複して発生した場合は、管理者又は運営者が要求する解除条件を備えている場合に限り、解除処理できます。

第5章 仮想通貨取引関連サービスの利用

第17条 (仮想通貨の販売登録・購入登録等)

  1. 会社が提供するサービスを通じて仮想通貨を販売又は購入しようとする会員は、会社が提供する登録様式に従って取引を登録しなければなりません。
  2. 付加サービスの利用
    • 仮想通貨を販売しようとする会員は、取引登録の際により効果的な販売のために会社が提供する付加サービスを申請できます。付加サービスの具体的な内容については、会社が別途定めるところに拠ります。
    • 暗号通貨の販売/購入に関して会社が会員に提供するすべてのサービスは、各会員個人の便宜増進のための利用権限のみを付与し、サービス利用権限の範囲を超えて類似サービスの提供および商業的な活用をすることは一切禁止します。

第18条 (取引サービスの利用制限)

区分 制限事由 解除条件
ログインブロック ① 会員本人の要請がある場合
② 本人確認の手続きに失敗した場合
③ 国家機関または金融機関等の要請がある場合
④ セキュリティパスワードを5回連続で誤って入力した場合
⑤ ボイスフィッシング等の犯罪や金融事故に関連、または関連性に合理的な疑いがかかる場合
- 制限事由解決
- ④は本人確認後ブロックを解除
出金ブロック ① 会員が未成年者である場合
② 会員本人の要請がある場合
③ 国家機関または金融機関等の要請がある場合
④ 登録後、KRWで購入した暗号通貨の最初の出金を要請した場合。ただし、KRWのチャージ時から72時間ブロック
⑤ 24時間以内に3回以上KRWをチャージした場合。ただし、3回目のKRWのチャージ時から72時間ブロック
⑥ ボイスフィッシング等の犯罪や金融事故に関連、または関連性に合理的な疑いがかかる場合
⑦ 法律上の原因なくKRWや暗号通貨を取得した者
- 制限事由解決
- ④~⑥は、オフラインのカスタマーセンターを訪問し、本人確認後にブロック解除が可能

第6章 サービスの利用手数料

第19条 (暗号通貨の取引関連サービス手数料の内容)

会社は、購入者/販売者にインターネットを介したサービスを提供する対価として手数料を請求します。手数料は、会社のホームページ利用方法に明示されており、会社および市場の状況に応じて変更されることがあります。

第7章 個人情報の保護

第20条 (個人情報の保護)

会社は、関係法令が定めるところにより、会員の個人情報を保護するために努力します。会員の個人情報は、サービスの円滑な提供のために会員が同意した目的と範囲内でのみ利用されます。会社は、法令に基づくか、会員が別途に同意しない限り、会員の個人情報を第三者に提供することはありません。これに関する詳細は、個人情報の処理方針で定めます。

第8章 損害賠償および免責条項

第21条 (会社の免責事項および損害賠償)

  1. 会社は、サービスに関してこの約款に明示されていないいかなる事項に対しても保証をしません。また、会社は会社が発行、または支給を保証していない暗号通貨の価値を保証しません。
  2. 会社は天災事変、DDos攻撃、IDCトラブル、サービス接続の急増によるサーバーダウン、基幹通信事業者の回線トラブルなど、その他不可抗力的な事由でサービスの提供ができない場合、サービス提供に関する責任が免除されます。但し、会社の故意、または過失がある場合はそうではありません。
  3. 会社はブロックチェーンの問題、暗号通貨の発行管理システムの問題、または技術的問題、通信サービス会社の不良、定期的なサーバーメンテナンスなどにより、不可避にトラブルが発生する場合、責任を負いかねます。但し、会社の故意、または過失がある場合はそうではありません。
  4. 会社は、会員の帰責事由によるサービス利用障害やその結果については責任を負いません。ただし、会員に正当な事由がある場合には、その限りではありません。
  5. 会社は会員間、または会員と第3者の間でサービスを媒介に取引などを行う場合、責任が免除されます。但し、会社の故意、または過失がある場合はそうではありません。
  6. 会社は無料で提供されるサービス利用に関して関連法に特別な規定がないか、会社の故意、または過失がない限り、責任を負いかねます。
  7. 会社は安定的なサービスの提供のために、定期的、非定期的または緊急サーバーメンテナンスを実施することができます。万が一、サーバー点検完了後、国内外の暗号通貨取引所の暗号通貨相場とサービス上の購入/販売待機注文の暗号通貨相場が異常に差が出る場合、会社は会員を保護するために内部政策に基づいて待機注文をキャンセルするすることができます。
  8. サービスのエラー、電算障害またはその他の事由により、何者かが第三者の所有する暗号通貨を権限なく取得したり、送信を受けた場合、会社は当事者に事前通知してその暗号通貨を回収したり、原状回復させる等、必要な措置を取ることができます。
  9. 会員が会社に損害賠償を請求する場合、会社は会員と合意のうえで会員の電子ウォレットに暗号通貨またはウォン貨ポイント(KRW)を支給する方法で会員の損害を賠償することができます。

第22条 (代理および保証の否認)

  1. 会社は、暗号通貨の販売や購入を希望する会員を代理する権限を持っておらず、会社のいかなる行為も販売者または購入者の代理行為と見なされません。
  2. 会社は、会社が提供するサービスを介して行われる会員間の販売および購入に関し、販売意思または購入意思の事実あるいは真偽、適法性に対して保証しません。
  3. 会社に接続(リンク)されたサイト(商品券モール、有料コンテンツプロバイダ等)は、会社との契約を介して提携関係を結んだ業者として、会社は単に提携業者との接続(リンク)のみを提供するだけであり、提携業者のサービス運営および管理、物品の販売、配送、払い戻し等のあらゆる責任は会社に故意または過失がない限り、提携業者が負担し、会社は一切関与しません。

第23条 (管轄裁判所および準拠法)

  1. 本サービス利用約款は大韓民国の法律に基づいて規律されており、会社の料金体系等のサービス利用に関し、会社と会員間に発生した紛争で訴訟が提起された場合、大韓民国の法律が適用されます。
  2. サービス利用に関して会社と会員間に発生した訴訟の場合、法令に定められた手続きに従った裁判所を管轄裁判所とします。

付則

  1. この約款は、2018年8月10日から適用されます。

確認